ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

次世代文房具? 手書きメモを『iPhone』でデジタル化する『ショットノート』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

キングジム『ショットノート』


キングジムは、『iPhone』を使って手書きメモをデジタル記録するノート『ショットノート』を2月7日より発売します。同時に、『ショットノート』に書いたメモを画像として取り込む『iPhone』アプリ『SHOT NOTE App』を、『App Store』にて無料配信を開始します。

キングジム『ショットノート』を『SHOT NOTE App』で読み取り

『ショットノート』は、「手書きメモをすっきりデジタル化」をコンセプトに開発された、手書きノートとアプリが連携する新しいコンセプトのノートです。専用アプリ『SHOT NOTE App』を起動して手書きしたノートを撮影すると、『ショットノート』の四隅にあるマーカーを読み取り、自動でトリミング、台形補正や色補正、サイズ補正を行い画面ぴったりにデジタル化。また、デジタル化したメモの右上には日付と番号が自動的に入るほか、検索用にタグを付加することもできます。

『SHOT NOTE App』から『Evernote』に投稿可能

取り込んだノートは、メールで送付して簡単に整理・活用が可能。また、『Evernote』への投稿も簡単です。ノートサイズは、S(115×77mm)、M(154×102mm)、L(214×146mm)の3種類、表紙カラーは白と黒の2色をラインナップ。専用カバー(Sサイズのみ)は緑と黒の2色を用意し、『ショットノート』を1冊セットしました。価格は、Sサイズ336円、Mサイズ451円、Lサイズ630円、専用カバーは1260円(いずれも税込み)です。
 
 

■関連記事
アメリカで大ヒット! 新感覚の電子メモパッド『Boogie Board』をキングジムが発売へ
液晶画面にタッチペンで手書きできる卓上メモ『マメモ』キングジムから発売
『iPad』で使いたい“電子文房具” 無印良品のノートやカレンダーがアプリに!
自分で描いた絵や文字を立体視できる『ポスカ 3D 8色セット』
机に置きたい! タミヤの“ツインスター”をデザインした立方体型ブロックメモ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。