ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲劇】元JR職員に取材! 鉄道事故の裏側を漫画化した『鉄の慟哭』が衝撃的!佐藤秀峰率いる漫画誌『マンガ on ウェブ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが忘れられない、いや、忘れてはならない事故がある。多くの人が亡くなり、前代未聞の大惨事となったJR福知山線脱線事故である。この事故のほか、鉄道ではあらゆる事故が発生し、その裏側で苦しんでいる人たちがいる。

・社内プロジェクトとして執筆
インターネットによる漫画配信を積極的にしている佐藤秀峰先生。彼は鉄道事故問題を漫画化するにあたり、徹底的に取材。社内プロジェクトとして執筆することになり、実際にJRの元運転士に取材をしにいったという。以下は、佐藤先生の漫画紹介コメントである。

・佐藤先生の漫画紹介コメント
「この作品は、鉄道をテーマに組織の問題や事故が起こる原因を描き出した社会派作品です。製作を始めるきっかけは、元JR運転士の方からの1通のメールでした。世間を騒がせた福知山線事故を始め、様々な鉄道事故が起こる原因や問題について、報道では本当の原因が語られていないとして、漫画で世に訴えて欲しいという内容でした。当時、社内プロジェクトとして、スタッフが中心となって漫画を1本製作しようとしていた所で、僕とスタッフで元運転士にお話を聞きに行き、製作を開始しました。プロジェクトの中心となった2名のスタッフは、何度もネームを描き直してはストーリーの推敲を重ね、緻密な作画には膨大な時間がかかりました。果たして、1年半以上の時間をかけてようやく70ページの作品が完成しました」

・70ページ以上の力作!!
漫画のタイトルは『鉄の慟哭』、作者名は「厳ダイン 永田諒」となっているが、実際は社内プロジェクトとして徹底的に佐藤先生も参加。1年半以上もの期間をかけ、70ページ以上の力作が誕生したというわけだ。

・リアルに起こりえる鉄道の世界
実際に読めばわかるが、実際に発生した事故をイメージさせる描写も描かれている。しかしそこから目を背けてはならないし、これが「リアルに起こりえる鉄道の世界」であることを理解しなくてはならない。『鉄の慟哭』は、佐藤秀峰先生が率いるネット漫画雑誌『マンガ on ウェブ』で読むことができる。

執筆: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/09/manga-2/
Via: マンガ on ウェブ

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP