体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneを紛失した私から、iPhoneを紛失する予定の方へメッセージ

134

iPhoneを紛失する人は多い

最近も、知人が仕事中にiPhoneを外出先のトイレに置き忘れて紛失したという話を聞いて呆れた事がある。
どうして大切なiPhoneをトイレの中に一時的にでも置くという愚かな行為をしてしまうのだろうか。
そう、その時にはまさか自分がiPhoneを紛失する当事者になるとは夢にも思っていなかったのだ。
今回紹介するのは、自分が実際にiPhoneを紛失した当事者として紛失から発見までのフローと、行った事をまとめたレポートだ。
“これからiPhoneを紛失する予定の方”は、ぜひ参考にして欲しい。

10:25JR大崎駅でiPhoneを置き忘れる

3月29日は日曜日だった。
前日から所用で逗子に泊まっており、逗子から武蔵小杉を経由して自宅のある新宿へ向かう電車に乗り込んだ。
途中、腹痛のため大崎駅で降り、駅構内のトイレで用を済ませ、新宿へ行くためにホームへ降りる。
最短で新宿まで行くにはどうしたらいいか乗換案内アプリを立ち上げようとした時に、iPhoneを持っていないことに気がついた。
そう、iPhoneを紛失したのだ。
“これからiPhoneを紛失する予定の方”も、「まさか自分が」と思わずにこれから先を読んで欲しい。

10:30思い当たる場所へ行くが見つからず

半分パニックになりながらポケットやカバンを入念に探すが、見当たらない。
自分を落ち着かせながら、最後にiPhoneを触った記憶と、この数分の行動を思い出してみた。
最後に触ったのはトイレだ。確か知人にLINEを送って、トイレットペーパーホルダーの上に置いた事を思い出した。
そう、先日小馬鹿にした知人と全く同じ過ちを犯してしまったのだ。
急いでそのトイレまで戻り中を見渡すが、iPhoneは無い。
この時点で、私はiPhoneを紛失してしまったこと、もう戻らないかもしれないということを受け入れた。
“これからiPhoneを紛失する予定の方”も、まずは冷静になること、そして最後に使った記憶と行動で絞り込むことをオススメする。

10:35JR大崎駅の最寄りの改札へ紛失を届け出る

紛失した場所から一番近くの改札へ、現時点での届けではないとのことでその場で紛失届けを書いた。
1点驚きだったのが、見つかった場合の連絡手段が“電話”しかないこと。
電話を無くしたのに、見つかったら電話するというのだ。こんな馬鹿げた話があるだろうか?
駅員さん(親切)は、自宅の番号や知人の携帯などでも大丈夫だと言うが、自宅には固定電話を設置していないし、知人の電話番号など記憶していない。
なにしろ、電話帳もiPhoneの中なのだ。
仕方なく、日曜で繋がらないとわかっていながらも自分の名刺に記載されている会社の固定電話番号を記載する。
これで、発見されても無人の会社へ連絡が行くだけだ。こんな虚しい届出があるだろうか?
“これからiPhoneを紛失する予定の方”は、紛失時の連絡受付用に誰か1人分の電話番号をメモって財布に入れておくことをおすすめする。

11:10とりあえず自宅へ戻りパソコンからicloudへアクセス

大崎駅を離れて新宿近辺の自宅へ戻る。
自宅はwifiを飛ばしているのでMacbookProから“iPhone 紛失”と検索。
google先生の答えは、icloudからGPSで位置を特定しつつ紛失モードにしろとの事だった。
icloudへアクセス
https://www.icloud.com/

33

icloudIDは、@icloud.comのメールアドレスで、パスワードはアプリを購入するときのパスワードなので落ち着いて思い出すといい。
ログインすると、“iPhoneを探す”というメニューがあるのでそちらをクリック

44

地図が現れるので画面上部の“すべてのデバイス”をクリックして、紛失したiPhoneを選択するとiPhoneの現在地が表示される。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。