体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ヒ素生物”の衝撃

生活・趣味
有機化学美術館・分館

今回は佐藤健太郎さんのブログ『有機化学美術館・分館』からご寄稿いただきました。

“ヒ素生物”の衝撃
先日は、『NASA』から“宇宙生物学上の発見に関する会見”が行われるということで大いに盛り上がりました。筆者も「ついにどこかで宇宙生命がとっつかまったか」と期待したのですが、実際はカリフォルニアの塩湖で見つかった新種の細菌の話でした。「なんだよ期待させやがって」と一瞬思ったんですが、よく聞けばやはりすごい話で、この細菌はなんと毒性元素として知られるヒ素を体内に取り込み、DNAに組み込んで生活しているというのです。これはまあ宇宙人発見とはいわないものの、どう見ても世紀の大発見としか言いようがありません。さらにいろいろ聞くにつけ、この細菌は実に「ななななんじゃこりゃ」的な代物であるようです(論文はこちら *1 )。

*1:「A Bacterium That Can Grow by Using Arsenic Instead of Phosphorus」 『science』
http://www.sciencemag.org/content/early/2010/12/01/science.1197258.abstract

“ヒ素生物”の衝撃

問題の細菌『GFAJ-1』

『GFAJ-1』と名付けられたこの細菌(こんなカメラの型番みたいなのではなく、もっとすてきな名前を考えてやってほしいですが)が見つかったのはカリフォルニア州のモノ湖で、強アルカリ性で塩分が濃く、ヒ素を大量に含んでいる湖だそうです。いかにも生き物向きでない場所ですが、こういうところに育つ奴ほど変ちくりんなのがいるので、生物学者はこういうところをよく調べます。で、今回はそうした変態ぞろいの“極限環境微生物”のなかでも、超大物を引っかけることに成功したわけです。

ヒ素というのは原子番号33、周期表ではリンの真下に当たり、当然化学的性質もよく似ています。ヒ素を取り込む生物は今回が初めてではなく、海藻などがヒ素を取り込み、化合物を作っていることが知られています(こちら *2 )。しかし今回の『GFAJ-1』では、DNAに含まれるリンがこのヒ素に置き換わっていたのです。その他、判明したことの詳細についてはこちらのブログ *3 が詳しいのでご覧ください。

*2:「有機化合物と周期表(1) 」『東京化成工業株式会社』 – 化学よもやま話
http://www.tokyokasei.co.jp/tcimail/chemicals-clip/76uk5d0000006jyp.html

*3:「<速報>リンの代わりにヒ素をDNA中に取り込む微生物が見つかった」『I’m not a scientist.』
http://d.hatena.ne.jp/popeetheclown/20101202/1291319775

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会