ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PS4『ブラッドボーン』発売間近!系譜である『ソウルシリーズ』を紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2015年3月26日(木)、PS4専用ソフト『Bloodborne(ブラッドボーン)』が発売される。

「Bloodborne」公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/bloodborne/

本作は、2009年に発売されカルト的人気を博したPS3用ソフト『Demon’s Souls(デモンズソウル)』と同じく、SCE WWS ジャパンスタジオ×フロム・ソフトウェアのタッグが開発を手がける期待の新作。

「デモンズソウルという名前は聞いたことがある」
「死にゲー、マゾゲーだという評判を耳にしたことがある」
「友人や知り合いがプレイしていたが、死んだ魚のような目をしていた」

……という人たちも、もしかしたらいるかもしれない。

公式でも謳っているように、『Bloodborne(ブラッドボーン)』は、そんな『Demon’s Souls(デモンズソウル)』の――ひいては『ソウルシリーズ』の要素やエッセンスが盛り込まれた、懐かしくも新しい作品となっている。

「ソウルシリーズって何? デモンズソウルなどを遊んでいないと、ブラッドボーンを楽しめないの?」

と思った方――安心してほしい。いきなりブラッドボーンから新規で遊び始めても、もちろん何の問題もない。

だがしかし――本作の魅力を最大限に味わい尽くすためには、ぜひとも系譜である『ソウルシリーズ』の存在を知っておいた方が良いので――今回はそちらの紹介をしていこう。

ソウルシリーズとは?

先述した『Demon’s Souls(デモンズソウル)』から始まった、『死にゲー』と評されるRPGシリーズのこと。
続編的作品に『ダークソウル』『ダークソウル2』があり、基本的にはこの三作のことを指す。

 
『Demon’s Souls(デモンズソウル)』
PS3専用ソフト。
霧に覆われ、デーモンの襲撃を受け滅びつつある王国・ボーレタリアでの探索や冒険が楽しめる。

『ダークソウル』
[PS3/XBOX360/Windows]
『デモンズソウル』の精神的続編。
悲運な運命を背負う不死人の一人となり、古き王達が祀られる地・ロードランを旅する。その果てに待っているものとは……?

『ダークソウル2』
[PS3/XBOX360/Windows/PS4(予定)/XBOXOne(予定)]
『ダークソウル』の続編。
不死の呪いを解くため、失われた国であるドラングレイグへ向かう主人公となり、かの地を旅することになる。
なお、PS4/XBOXone版が4月9日に発売予定。

「最近のゲームはヌルすぎて退屈だ」

「やりごたえや探索の楽しみがない」

「昔のように難しめのゲームを遊んでみたい」

昨今の家庭用ゲームソフトに対しそう思っている・そんなイメージを抱いてしまっている人たちに、強くオススメしたいシリーズだ。

まず、このシリーズ最大の特徴を一つ挙げるのならば――――

『プレイヤーの心を全力で折りに来る』ことだろう。

探索の障害となる敵モンスターは当然として、各エリアに設けられたあらゆる罠や仕掛け、思いもよらない悲劇やトラブル……とてもここでは伝えきれないほどの苦難や絶望が待ち受けているのだ。

しかし、ただそれだけの内容であるならば、ここまで続編が出るほど人気になるはずがない。

「その筋」にはたまらない魅力がぎっしり詰まった名作

剣と魔法の世界やハイファンタジー、ダークファンタジー風の世界観。

個性豊かな登場人物たち。思わず『設定考察』をしたくなるような、謎めいたストーリー。

豊富な武具や魔法に育成要素。たとえば戦士や神官、魔法使いといったように、自由に選択可能なプレイスタイル。

何度も死んでやられて心がぽっきり折れても、数日後にはまたコントローラーを握ってしまうほどの中毒性を持つやりこみ要素。

加えて、オンラインでの協力プレイや敵対・対人要素、他のプレイヤーの動きや死に様が見えるシステムなどがうまく噛み合い、シリーズ独特の雰囲気と面白さを生み出している。

「PS4は持っていないけれど、ソウルシリーズには興味が出てきた」
「ブラッドボーンに備えて、少しでも操作や作風に慣れておきたい」

と少しでも思った人は、ぜひいずれかの『ソウル』を手にとってみてほしい。

こちらの三作には繋がりこそあるものの、どの作品から入っても問題はなく、十分にその世界観や雰囲気、そしてスリルを楽しめるので安心してほしい。

一度ハマったら、抜け出せないこと間違いなし。
そんな『ソウルシリーズ』と、その系譜である新作『ブラッドボーン』――
気になった人は、ぜひチェックしてみてほしい。

【引用】

トップ画像:http://www.jp.playstation.com/scej/title/bloodborne/より

※この記事はガジェ通ウェブライターの「八郎二朗」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?[リンク]

カテゴリー : ゲーム タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP