ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題のインディーゲームを人気ゲーム実況者がプレイ! 『京都ゲーム実況フェス』3月29日開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


野生のゲームクリエーターたちが作成したゲーム、インディーゲームが最近話題となっている。インディーゲームは自作ゲームとも呼ばれることがあり、『niconico』が主催する『ニコニコ自作ゲームフェス』は過去4回開催、直近に行なわれた第4回では約420作品が出展されるなどゲームクリエーター側も非常に盛り上がってきている。

今回行われるイベントは『京都ゲーム実況フェス』。ゲーム実況とインディーゲームを融合したインディーゲームイベントを京都リサーチパークにて3月29日に開催する。人気ゲーム実況者によるゲーム実況や、開発者自身によるゲーム紹介やトークを公開。実況したゲームを実際に遊べる試遊台も用意されるので、その場で「やってみたい!」と思ったらすぐにプレイすることも可能だ。

実況ゲームタイトルは『ケロブラスター』(開発室PIXEL)、『Astebreed』(えーでるわいす)、『オクトダット』(Young Horses)、『D4 : Dark Dreams Don’t Die』 (アクセスゲームズ)、『ScreamRide』(Frontier Developments)の4本。

『ケロブラスター』

TIMES誌で「歴史上でもっとも偉大なゲーム100本」にも選出された、『洞窟物語』を生み出した京都在住の開発室Pixel最新作。サラリーマンである主人公(二足歩行のカエル)が、いろんな武器を手に入れたり、ユニークなモンスターと戦いながら、出張で訪れた未知の大地を冒険する、シンプルな2D横スクロールアクションゲームです。カエルが好きな方も嫌いな方も、ぜひお試しください。

『Astebreed』

異星と地球の技術が融合した宿命の機体“クロスブリード”を操り、ド派手に、スタイリッシュに戦場を駆け抜けろ。ノンストップでゲームプレイが変わり続ける怒涛の展開。縦・横・奥、シームレスに繋がるマルチスクロールの2.5Dの遊び心地。これが現代のフィーリングを取り入れた、シューティングゲームの進化系だ。鮮やかに戦うには腕前がモノを言う。ショット・ロックオン・ブレード、三種の兵装を駆使して戦え!

『オクトダッド -タコと呼ばないで-』

主人公・オクトダッド(タコ親父)が自身をタコであることを家族に隠しながら生活するという、奇天烈な設定で展開するアクションゲーム。彼は、グニャグニャ伸びる触手で階段を登ったり、バナナの皮をむいたり、熱心な寿司職人に狙われたりと奇想天外な毎日を過ごしている。プレイヤーはそんなオクトダッドをマリオネットのように操り、タコである事実に気付かれないよう、“コーヒーを淹れろ”、“ミルクを娘に与えろ”といったミッションをクリアしていくことになる。シュールな内容だが、ただのアクションゲームとは一味違う未体験のプレイ感覚に、虜になること間違いなし!

『D4 : Dark Dreams Don’t Die』

妻を殺害された主人公は、彼女が残した「Look for D(Dを探して)」という言葉を手掛かりに、過去に飛べる特殊な能力を駆使して事件の真相を解き明かしていく。『D4: Dark Dreams Don’t Die』は、日本人ゲーム クリエイター SWERY 氏が手掛ける Xbox One 専用ミステリー アドベンチャー ゲーム。

『ScreamRide』

つくって、こわそ! 安全や常識を無視したジェットコースターを作り、破壊して楽しむことができる「最恐」のXbox 専用絶叫ジェットコースター制作シミュレーションゲーム『ScreamRide』(スクリームライド)。最高速度を追求し、重力の限界に挑み、予想もできない衝突シミュレーションを駆使して、未知の挙動が生む絶叫ジェットコースターを作成しよう。

ゲーム実況ではアクション、シューティング、アドベンチャーといったジャンルのゲームをプレイする。他にも色んなゲームが試遊可能だ。インディーゲームならではの発想や新感覚な操作感は、是非一度体験してみてもらいたい。

また、イベントでは『Astebreed』の開発者なるさん(えーでるわいす)、『D4』のディレクター、アクセスゲームズの創設メンバーであり、同社のシナリオライター兼、ゲームデザイナー兼、ゲームディレクターのSWERYさんが登場。さらに、ゲーム実況プレイヤーからは、ゲーム実況者の4人組“チーム湯豆腐”から湯毛さんとtowacoさん、「課長とモリ君」のヒラノ課長ズズさんが登場。イベントの司会はJFN系列全国ネットの『wktkの枠』パーソナリティなどで人気の二宮係長が務める。関西では貴重なゲームイベントへの実況者出演とあって注目を集めそうだ。


DIEC 京都ゲーム実況フェス
http://live.nicovideo.jp/watch/lv212050105

イベントの模様は『ニコニコ生放送』でも中継されるので、こちらもあわせてチェックしよう。

京都ゲーム実況フェス開催概要

開催日時 : 2015年3月29日(日)11:00~17:00
開催場所 : 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク 西地区四号館 B1 バズホール
アクセス : JR丹波口駅より 徒歩5分
定員 : 200名程度
公式サイト
http://kyoto-game.com/ [リンク]
公式Twitter:ツイッター : @kyoto_jgfes
https://twitter.com/kyoto_jgfes[リンク]
ハッシュタグ : #kyotogjfes
主催 : DIEC実行委員会(立命館大学ゲーム研究センター / 京都クロスメディア・クリエイティブセンター / 京都府)
協力 : 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント / 日本マイクロソフト株式会社 /
株式会社アスタリズム / 株式会社アクティブゲーミングメディア

チケット購入はこちら
http://peatix.com/event/74119[リンク]
DIEC 京都ゲーム実況フェス
http://live.nicovideo.jp/watch/lv212050105[リンク]

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP