ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「HTC Desire」は当時のフラッグシップモデルではなかった、HTCの幹部が歴代のフラッグシップやそのネーミング理由を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは 2013 年と 2014 年に同社のフラッグシップスマートフォンを「HTC One MX」(X は数字)のネーミングで発売しましたが、なぜ、このネーミングを採用したのかを HTC 幹部である Jeff Gordon 氏が自身の Twitter ページで明らかにしました。HTC One というネーミングは 2012 年の HTC One X / S / V で導入されました。こうしたのは当時、スマートフォンで必要な全ての機能が 1 台に詰まっていることを表現したものだと伝えられています。それが後のスマートフォンにも多く採用されました。、同氏によると、「HTC One(M8)」や「HTC One M9」の MX はフラッグシップスマートフォンのコードネームです。このことは 2013 年に発売された HTC One(M7)で既に明らかになっています。興味深いのは、過去のフラッグシップモデルの世代も明らかにされていることで、同氏によると、初代は 2007 年の「HTC Touch」なんだそうです。その後は、第 2 世代が「HTC Dream」、第 3 世代が「HTC Hero」、第 4 世代が「HTC EVO 4G」、第 5 世代が「HTC Sensation」、第 6 世代が「HTC One X」、第 7 世代が「HTC One(M7)」、第 8 世代が「HTC One(M8)」、そして、今週発表された「HTC One M9」が第 9 世代になるそうです。ここで気になるのは第 4 世代のところです。Google 初の Nexus となる Nexus One のメーカーモデルとして 2010 年に「HTC Desire」が発売されたのですが、第4世代は「HTC EVO 4G」となっており、Desire はフラッグシップではなかったという。同氏はこのことについても言及しており、実際には Desire もフラッグシップらしいのですが、その当時、HTC EVO 4G は WiMAX に対応したことで世界で初めていわゆる「4G」スマートフォンになりました。HTC はその点を重視しており、HTC EVO 4G をこの年のフラッグシップモデルに位置づけたそうです。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z4のもとされるフレーム部品の写真が流出、Micro USB端子は下部に移動
Sony Mobileの公式Android 5.0ファームウェアのデザインを再現した5色のXperiaテーマパックが公開
OPPO Style、「OPPO Find 7 / 7a」を専用アクセサリーをセットにして大幅に値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP