体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone&iPod touch版アプリ『Skype』徹底レビュー

こんにちは、ガジェット通信編集部の記者・スカイプマン(sukai-puman)だ。ついに発表・公開されたiPhone&iPod touch版アプリ『Skype』(スカイプ)。もともとパソコン版で活用しているユーザーにとって当然の知識ではあるが、これは登録した者とリアルタイムにチャットができるインスタントメッセンジャーであり、誰とでも通話ができる電話ツールでもある。では、『Skype』の基本的な情報からレビューに至るまで、こと細かく解説していこう。

■『Skype』とは?
インターネットを介してチャットや通話ができる無料アプリケーションソフトである。ID登録者同士でチャットができる点では『MSNメッセンジャー』や『Yahoo!メッセンジャー』、『ICQ』や『AOLインスタントメッセンジャー』などと同じだが、『Skype』は通話ができるという最大の長所がある。IDを登録している他の『Skype』ユーザーとは無料で通話ができ、一般固定電話や携帯電話、IP電話とは有料で通話ができる。なかでも注目すべきポイントは、国際電話も携帯電話への通話も激安価格で通話ができるという点である。それらは今まで多くのユーザーの支持を受けてきたパソコンでのサービスだったが、iPhone や iPod touch でも可能になったわけだ。

■こんなときに『Skype』を使うと便利
パソコン版の『Skype』は、インターネットに接続されたパソコンさえあれば日本にいようと海外にいようと、好きなところへ電話をかけることができる。たとえば海外旅行先でインターネットカフェに立ち寄り、メールを送信するついでに家族に『Skype』で電話を低価格でするということが可能なわけだ。それが iPhone や iPod touch で使用できるようになったということは、無線LANやソフトバンクの電波が届く場所で通話をすれば、無料もしくはわずかな金額で通話ができることになる。特に無線LANが使用可能な場合は、海外からコストゼロで無料通話も可能である。

■iPhone&iPod touch版『Skype』レビュー
『Skype』は世界中で愛されている通話機能付きインスタントメッセンジャーだ。もともと「もし『Skype』がケータイで使えたら最高なのに!」と言われていただけに、今回のiPhone&iPod touch版『Skype』の登場は大きなセンセーションを呼んでいる。しかし、使い勝手が悪くては意味がない。『Skype』は使いやすく、通話もストレスなくでき、音質もクリアなのがウリだ。それが損なわれていては意味がない。ということで、さっそく使用してレビューしてみたいと思う。

今回のレビューは ipod touch (8ギガバイト)で行い、もともとパソコンで使用していた『Skype』IDをiPhone&iPod touch版『Skype』に登録して使用した。ipod touch なのだから当然だが通信回線として無線LANを使用し、インターネット回線として光ファイバーを使用している。通話にはイヤフォンとマイク一体型のオプションを使用。それをふまえたうえで、レビューをお読みいただきたい。

・操作レスポンス
非常に良い。フリーズや動作がスローモーになることなく起動や画面移動、システムの実行ができる。チャットもスムーズにでき、なにひとつストレスを受けることはない。また、文字の記入もキーレスポンスが遅れることなく可能である。ただし、「iPod で『Skype』が可能になったから買いました」という人は、 iPhone や iPod touch の操作に慣れるまで時間を要するので注意が必要だ。文字が打ちにくくてもそれは『Skype』のせいではなく、 iPhone や iPod touch に慣れる必要があるだけである。

・使い勝手の良さ
非常に良い。パソコンで100人以上のスカイプ登録者がいる人もいることだろう。当記者は50人前後のスカイプ登録者がおり、パソコンでもオフラインとオンラインの人をチェックするのに苦労していたが、iPhone&iPod touch版『Skype』では全員表示の “All” とオンラインの人だけを表示する “Online” を選んで表示することができる。それゆえ、大きいとはいえない ipod touch の画面でもストレスなく対象の人物を探し出すことができる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。