ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTubeのAndroidアプリでアップロード時に動画のトリミングが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTube の公式 Android アプリが v10.06.3 にアップデートされ、ついに動画のトリミング機能がリリースされました。動画のトリミングは以前のバージョンでも一時的に有効になっていましたが、強制終了が発生したり、その後のアップデートで削除されたりと、機能は不完全で正式にはリリースされていないようでしたが、アプリのアップデートで公式に利用できるようになりました。新機能は動画をアップロードする際に機能します。トリミングを行ってアップロードする形となっており、アップロード後には修正できません。機能の画面では動画を再生しながら下部のタイムラインで開始と終了をスライダーで調整し、枠をタッチしてずらすとその時間で再生する所を調整できます。今回の新機能によって別アプリで行う必要のあった面倒な前後の不要部分をカットする作業を YouTube 単体で行えるようになり、YouTube に動画をアップロードしやすくなりました。「YouTube」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、SmartBand SWR30のアプリ・ファームウェアを3.0にアップデート、ウォッチフェイスのカスタマイズ機能やSTAMINAモードを追加
Sony Mobile、MWC 2015で発表する新機種の防水対応をアピール
Mozilla、Android用「Firefox 36」を正式リリース、タブレットUIを刷新、HTTP/2を正式サポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP