体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンクが3D撮影と裸眼立体視が可能なAndroidスマートフォン『GALAPAGOS』を発表

ソフトバンクが3D撮影と裸眼立体視が可能なAndroidスマートフォンを発表

ソフトバンクモバイルは11月4日の13時から新製品発表会を開催。その中で、3D撮影と裸眼立体視が可能なAndroidスマートフォン『GALAPAGOS』を発表しました。シャープ製の端末で、10月に開催された展示会『CEATEC JAPAN 2010』でシャープが参考出展していたもの。

「【CEATEC JAPAN 2010】ちょっとドキドキする! 3D美女がカメラ目線であなたに迫るシャープのモバイル3Dカメラ展示」( http://getnews.jp/archives/79965 )の記事でご紹介したとおり、スマートフォン単体で2コのレンズにより3D写真を撮影でき、ディスプレーで3Dメガネをかけることなく立体視ができるというもの。ブースではオレンジの筐体で展示されていたので、てっきりauから出るものと思っていましたが、ソフトバンクから発表されました。

『CEATEC JAPAN 2010』でシャープが参考出展した端末 写真では分かりづらいですが、メガネをかけなくても立体視できます

端末には、ストレート型の『SoftBank 003SH』と、キーボード搭載型の『SoftBank 005SH』の2種類があり、ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線通信に対応します。OSは『Flash Player 10.1』に対応する最新のAndroid 2.2を搭載。

仕様など詳細は、発表があり次第、随時更新します。

14時05分更新:

GALAPAGOS SoftBank 003SH

『GALAPAGOS SoftBank 003SH』は、3.8インチの3Dディスプレーを搭載したスマートフォン。OSにAndroid 2.2を搭載し、『Flash Player 10.1』に対応するため、PCと同様にFlashコンテンツを再生できます。ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線通信、デコレーションメールに対応。カメラ機能は、9.6メガCCDカメラを搭載し、1280×720ドットのハイビジョン動画撮影にも対応します。本体カラーはミラノレッド、ネイビーブラック、ホワイトの3色に加え、タータンチェック、ポルカレッド、レッドボーダー、フラワー、グレンチェック、チドリ、ツバメ、アーガイル、インディゴボーダー、ストライプの10色を電池カバーとして限定で販売します。販売予約は11月12日に開始。発売時期は12月上旬を予定しています。

GALAPAGOS SoftBank 003SH

『GALAPAGOS SoftBank 003SH』主な仕様
通信方式:W-CDMA(国内)、W-CDMA、GSM(海外)
サイズ:W62×D121×H12mm
重量:約139g(暫定値)
ディスプレー:約3.8インチWVGA(800×480ドット) New モバイルASV液晶(最大6万5536色)
モバイルカメラ:有効画素数約960万画素/CCD(AF、静止画手ブレ補正対応)
外部メモリー:microSDHCカード(16GB同梱、最大32GB)
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g
Bluetooth:Ver. 2.1+EDR
OS:Android 2.2

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。