ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『GameBoy』がバッグに! サンプラーやゲーム機をモチーフにした『Synch.バッグ』10製品発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サンプラーや懐かしの名ゲーム機などをモチーフにした大胆なデザインのバッグで注目を集める、ギリシャのブランド『Synch,』のアイテムがいよいよ日本上陸です。センチュリーは同社リテイル事業『白箱.com』にて、定番サンプラーの名機を描写した『Synch.サンプラーバッグ』、1982年に登場したベース音源シンセを模した『Synch.ベースバッグ』、1989年発売の携帯型ゲーム機をモチーフにした『Synch.GameBoing』など、合計10製品を発売しました。

『Synch.サンプラーバッグ』は、電子楽器メーカー『AKAI professional MPCシリーズ(MPC2000)』を忠実に描写し、実機のデザインを徹底的に再現しています。サイズは、W37×H34×D9cmとほぼ実寸大、表面の4×4配列パッド部分はジッパーポケットになっており、12インチアナログレコードを30~35枚程度収納可能。防水性に優れた素材を採用しており、着脱可能なショルダーストラップも付属しています。販売価格は6980円(税込み)。

『Synch.ベースバッグ』は、1982年にRolandが発売したベース音源シンセ『TB-303』をモチーフにしたバッグ。当時、ムーブメントを巻き起こした『TB-303』を、イタリアのデザイナー・Serena Caldoがデザインし、Synch.がバッグとして再現しました。中を開けると『TB-303』の回路図と内部基盤がプリントされたCDケース(20枚収納可能)が1個ずつ付属。縦にも横にも持つことができ、コーディネートのアクセントとしても活躍しそうなショルダーバッグです。サイズはW27×H15×D5cm、販売価格は6980円(税込み)。

『Synch.GameBoing』は、1989年に発売されて一世を風靡した任天堂の携帯ゲーム機『GAME BOY』を模したポーチバッグ。ポップな黄色でカラーリングしたコンパクトなポーチは、ショルダー、斜め掛け、ウエストポーチと、気分に合わせてさまざまな使い方ができます。サイズはW10×H16.5×D4cm、価格は3480円(税込み)です。

このほか、カセットテープやトランジスタラジオをモチーフにしたバッグや『Fender』のアンプを模したバッグなど、音楽好きのハートがうずくラインナップがそろっています。操作性・デザイン性ともに優れた機器のデザインをバッグで再現したクールなファッションアイテムで、秋冬のコーディネートを引き締めてみてはいかがでしょうか。

  

■関連記事
レトロ&超ポータブル! デジタル変換もできるUSBレコードプレーヤー『Crosley Revolution』
レトロでおしゃれなカセットテープ型腕時計『EOS NEW YORK Mixtape』
空気を弾きまくれ! あの名曲も演奏できるエアギターアイテム『AiR GUITAR ROCKER』
選べる5モデル『iPod/iPhone』対応アンプ内蔵スピーカー『Xa Lunchboxシリーズ』発売へ
アーティストD[di:] を起用し〝モノとしての美しさ”を追求したヘッドホン『TH-5B/7B』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP