体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日オープン! 『ニコニコ動画』のニュースサイト『ニコニコニュース』編集部にインタビュー 20代ユーザーはニュースを読んでくれるのか?

『ニコニコニュース』編集部の皆さん

『ニコニコ動画』の『ニコニコニュース』が10月29日、新たにニュースサイトとしてリニューアルされました。ニュースサイト? 『ニコニコ動画』を訪れる20代が中心のユーザーって、ニュースを読むのかな? 編集部を訪問して皆さんにインタビューして聞いてみました。『ニコニコニュース』は、どんなメディアを目指していくのでしょうか。

・メンバー紹介
今回、インタビューに応じていただいたのは、ドワンゴのニコニコ事業本部 企画開発部 第四セクションの3名の皆さん。まずは新聞社からネットの大手ニュースサイトを経て『ニコニコニュース』編集長に就任した亀松太郎さんから、それぞれ『ニコニコニュース』で担当する役割を聞いていきます。聞き手は筆者(以下、ガジェ通)と、ガジェット通信発行人の深水英一郎(ふかみん)です。

亀松太郎(以下、亀松):全体的な統括と、メディアの出身でもあるのでその経験を生かして、媒体社との交渉であったり、この媒体を使おう、と決めたりというところをやってます。

橋爪雅治(以下、橋爪):私はトピックス編集をやります。『Yahoo! ニュース』さんで言うと『Yahoo! トピックス』のように、外部からいただいた記事を基に面白そうなネタをピックアップして、15文字ぐらいの見出しにまとめて並べるという。土日も更新していきます。

あれ、ガジェット通信にも記事を書いているゲストライターの伊予柑さんがいますね。

伊豫田旭彦(以下、伊豫田):伊豫田(いよだ)です。もともとドワンゴではSE的な仕事をしてまして、『ニコニコニュース』でもシステム部分を技術の方と調整するお仕事と、あと某未来検索ブラジルさんというところで記者をしてまして……(ふかみんから“伊豫田さんという人はいません”の声)親戚がいるのかな? その延長線上で取材をさせていただく予定です。

・『ニコニコニュース』とはどんなメディア?

亀松太郎さん

ガジェ通:『ニコニコニュース』とは、どんなサービスなのか、また立ち上げた経緯などを教えてください

亀松:『Yahoo!』の中に『Yahoo! ニュース』があり、『mixi』の中に『mixi ニュース』、『livedoor』には『livedoor ニュース』がある。ポータル的なサイトにはニュースのコーナーがありますので、それと同じものが『ニコニコ』の中にもあっていいんじゃないか。というのがとっかかりだったと思います。

内容としては、それらポータル系のサイトのニュースと同じように、通信社とかネットのニュースメディアであるとか、そういう媒体から記事を提供していただいて、それを我々の方では、「この記事がうちのサイトでは重要かな」というものをピックアップして、見出しをつけ直してトップページなどに掲載していく、というものです。

ガジェ通:文字のニュースが中心ということなんでしょうか。

亀松:まずそこからはじめます、という感じですね。『ニコニコ動画』はもともと動画で出発して、最近は生放送に力を入れているので、本当はそこをやりたいんですけど、現状は動画であったり生放送のニュースにコストをかけても、それに見合うリターンがないだろうということで。

『ニコニコニュース』というのは他のメディアさんからニュースを提供してもらうことを核に考えていますが、動画のニュースを提供してくださいと言っても、我々にとってリーズナブルな価格で提供してもらえるところはほとんどないのが現状です。テレビ局のサイトを見てもお分かりのように、ネットで動画のニュースを見る文化っていうのはまだ育ってないですし、今後も流行るかどうかは分からないですよね。

ネットでニュースを見ることができるよさっていうのは、非常にたくさんのニュースがある中から、自分が読みたいものをクリックひとつでどんどん読んでいけることとか、関連記事にもどんどんピックアップしていけること、あとは検索機能を使って、その時々の自分に関心のあるキーワードに関するニュースを見ていけることだろうと思います。でも、これらは今の動画ニュースには当てはまらないですよね。

しかも、動画のニュースは2分なら2分見ないと、面白いかどうか判断できません。エンタメだったら「この動画面白いよ」という話があったときに100万再生とかされてるものを見る価値はあると思うんですが、ニュースは情報そのものが価値であったりするので、動画をわざわざ見る必要がないことが多い。たとえば尖閣諸島の問題で船が衝突したビデオを独占公開できたらものすごい再生数になると思うんですが、そんなことはほとんどまれでしょう。大抵の場合は、たとえば首相の会見なんかを2分ぐらいの動画で見せても、菅さんの顔がずっと映っているだけなので、とりあえず文字だけの記事で十分なんじゃないかと。

ガジェ通:『ニコニコニュース』さん自身でも記事を書くんですよね?

亀松:外部からの配信記事のほかに、我々自身のメディアというのをもう1個作って、それを載せてこうということです。名前は『NCN』というのでやっていくんですが、『NCN』というメディアは『ニコニコ』に関するものとか、我々が様々な番組を生中継している機会を利用して記事を作っていきます。

ふかみん:記事を見るのにログインは必要ですか?

亀松:記事自体はだれでも見ることができます。

ふかみん:『ニコニコ』さんのニュースサイトが大きくなって、僕らは食われちゃうんじゃないかな。

亀松:そこは棲み分けをしていきたいと考えてます。深水さんのインタビュー企画もどんどんやっていただいて、載せていきたいです。

・『ニコ動』との連携は?
文字を主体とした記事を他社だけでなく、自社でも提供していくという『ニコニコニュース』。『ニコニコ動画』とはどのように連携していくのでしょうか。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。