体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Skype』の戦略にだまされるな! 『Skype』は禁断のアプリではない

デジタル@備忘録

今回はOrcaさんのブログ『デジタル@備忘録』からご寄稿いただきました。

『Skype』の戦略にだまされるな! スカイプは禁断のアプリではない
つい先日、KDDIが“禁断のアプリ”などと鳴り物入りで『Skype au』を発表しましたが、まったく禁断ではないかと。『Skype』の戦略とKDDIの戦略とが一致しただけの話。

お互いに美味しいわけです。禁断などと誇大宣伝もホドホドにしてほしい(『iPhoneと』は違い『Skype au』は国内の固定電話や携帯向け発信はできないようになる見込み)。

別に『Skype』に恨みがあるわけでも何でもないのですが、『Skype』=超激安! みたいなイメージだけが先行しているようなので『Skype』の知られざる? 実態を報告 (『Skype』は利用方法によっては非常にメリットがありますが、メリットだけが先行しているので問題点を指摘)。

語弊があるかもしれませんが、そもそも、無料なのはインターネット回線につながった『Skype』同士。それ以外は有料です。そんなことは知ってるって? では、『Skype』から携帯電話へは何円でしょう?

『Skype』のホームページを見てみましょう。

『Skype』の戦略にだまされるな! 『Skype』は禁断のアプリではない

********
世界中の固定電話や携帯電話への通話発信の開始価格:2.66円/分(3.06円“VAT込み”)
********
『Skype』ホームページ プリペイド料金についてのページより引用
http://www.skype.com/intl/ja/prices/payg-rates

ここには“世界中の固定電話や携帯電話”と書かれていますが、2.66円からなのは固定電話のみ。この表記はいかがなものかなぁ〜と。『Skype』のホームページは料金形態が非常に分かりにくいように書かれています。特に『Skype』から携帯電話への正式な通話料金は一体どこに書いてあるの? と言いたくなってしまう。

反対に、誇大広告というか詐欺的な料金明示はデカデカと(~_~;)。この書き方では携帯電話に通話しても1分2.66円で通話できてしまうとだれもが思ってしまう。

『Skype』の戦略にだまされるな! 『Skype』は禁断のアプリではない

********
世界中どこでもプラン :1500円/月(1725円“VAT込み”)
世界中40か国の固定電話に実質無制限の通話を発信。
********
『Skype』ホームページ 月額プランについてのページより引用
http://www.skype.com/intl/ja/prices/pay-monthly/

こちらの表記はまとも。月額定額プランというのがあって、月に1500円払うと世界中40か国の固定電話にかけ放題! これは非常に安い。というか信じられない安さ。この宣伝文句にウソ偽りはないが、携帯電話へは別会計であることは明記されていない。

では、一体『Skype』から携帯電話への通話料はいくらなのか? 下記の通信履歴と通話料金の表示を見てください。

『Skype』の戦略にだまされるな! 『Skype』は禁断のアプリではない

**********
最近の通話     番号         料金 
10/23 23:36  +8190××××××××  $0.00  
10/23 23:35  +8190××××××××  ¥27   
10/23 22:33  +8190××××××××  ¥27
**********     

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。