ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1万5800円の廉価版ミニプロジェクター『ミニジェクター LITE』サンコーから発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ミニジェクター LITE


手のひらサイズで持ち運びに便利なミニプロジェクター。バリエーションも豊富になり、大きさも価格もリーズナブルになってきましたね。サンコーは、ミニサイズプロジェクターの廉価版『ミニジェクター LITE』を10月27日より発売しました。販売価格は1万5800円(税込み)です。

ミニジェクター LITE

『ミニジェクターLITE』は、最大45インチまでの映像を出力可能なミニプロジェクターです。白壁さえあればどこでも映写できるので投射場所を選びません。たとえば、パソコンから出力した映画や動画などを天井に映写して、寝ころんで楽な体制で観賞することも可能です。

軽量・コンパクトサイズですので持ち運びにも便利。別売の接続ケーブルを用意すれば、『iPod/iPhone』からの映像を外出先で出力することもできます。解像度は640×480ピクセル(VGA)、明るさは10ルーメン、投射距離は60~200cm、画面サイズは14~45インチ、入力方式はNTSC/PAL。サイズはW61×H37×D60mm、重さ約142gです。
 
 

■関連記事
ついに84gに! 業界最小クラスのミニプロジェクター『400-PRJ006』発売へ
『iPhone/iPad/iPod』にも対応! 超小型三脚付き『モバイルミニプロジェクター 400-PRJ005』
パソコンなしで投影できる! 手のひらサイズのプロジェクター『MPro150』
ニコンからプロジェクター内蔵デジタルカメラの新モデル『COOLPIX S1100pj』発売へ
エイサーが多機能&ハイスペックなモバイルプロジェクター『K11』を発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。