ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一危険なウェブドメインは? 日本は2年連続「最も安全」マカフィー調査

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


インターネット上で一番危険な“国”はどこ? マカフィーは、世界で最もリスクの高いウェブドメインを調査する年次報告書『危険なWebサイトの世界分布 2010』を発表しました。これによると、「.com」ドメインサイトの3分の1が“危険サイト”であることが判明。また、日本の「.jp」ドメインは2年連続で最も安全な国別ドメインにランクインしました。

今年で4年目となる同調査では、2700万以上のウェブサイトを分析。その結果「.com」(31.3%)と「.info」(30.7%)が、もっともリスクの高いトップレベルドメイン(URLの終わりにある「.com」などサイトが登録された場所を示す文字コード)であることが明らかになりました。また、分析したウェブサイトのうちセキュリティリスクがあるウェブサイトは6.2%(昨年は5.8%)と増加しており、ウェブサイト全体の危険度がアップしていることが示唆されています。

国別のドメイン調査では、危険度ランキングが大きく変化しました。昨年39位だったベトナムの「.vn」は29.4%がリスクをもたらすと評価され1位に浮上し、昨年1位だったカメルーン「.cm」は36.7%から22.2%へとリスクは下がったものの2位にランクイン。「.cm」は、「.com」のタイプミスを予測して、悪質なダウンロードやスパイウェアその他不審なプログラムに誘導されやすいという状況が依然として続いている傾向がうかがえます。また、2008年、2009年に2年連続で危険なドメイン上位5位にランクインした西サモア「.ws」と中国「.cn」は、安全性が大幅に向上しました。

最も安全な国別ドメインであった日本「.jp」は、今年も総合危険度0.1%と今年も安全性をキープ。「日本のドメイン登録プロセスや安全性への施策が有効に作用している」と同社は分析しています。URLをクリックまたは入力する時には、トップレベルドメインは意識されることが少なく、うっかりタイプミスをして危険なサイトにアクセスしてしまうことがあります。1文字違いで別な国へとアクセスしてしまうURLの入力、最後まで気を抜かずに注意して行いたいものですね。
 
国別ドメイン(危険度の高い順):2010年総合危険度/2009年総合危険度
 ベトナム(.vn):29.4%/0.9%
 カメルーン(.cm):22.2%/36.7%
 アルメニア(.am):12.1%/2.0%
 ココス諸島(.cc):10.5%/3.3%
 ロシア(.ru)   :10.1%/4.6%

国別ドメイン(危険度の低い順):
2010年総合危険度/2009年総合危険度
 日本(.jp)      :0.1%/0.1%
 カタロニア(.cat)  :0.1%/0.1%
 ガーンジー島(.gg):0.1%/0.6%
 クロアチア(.hr)  :0.1%/0.1%
 アイルランド(.ie) :0.1%/0.1%
 
 

■関連記事
http://to./が開けるしくみ
来年から小学校の授業は278時間増える!? “脱ゆとり”に9割の親が賛成
3人に1人はいる!? 日本一雨女が多い県はどこ?『全国雨男・雨女調査』
自分で描いた絵や文字を立体視できる『ポスカ 3D 8色セット』
あなたの為だけに話してくれる 『VOICEROID+ 民安ともえ』が登場

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP