体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙に飛んだパン! 「パンの缶詰」試食レポート

日本時間3月16日の午前8時43分に打ち上げられたアメリカのスペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」号。なんと、このスペースシャトルには、日本のパンの缶詰が積み込まれたという!この「パンの缶詰」は栃木県那須塩原市東小屋の「パン・アキモト」が製造したもの。なんでも、宇宙飛行士の若田光一さん(45)の希望で宇宙食として積まれたそうなのです。ガジェット通信では、この「パンの缶詰」をGETいたしましたので、試食レポートをお送りいたします!


まずはあけ方を確認。ふむふむ、パンは紙に包まれているようす。けっこう丁寧に包装されているようですね。ポン! と缶をあけると、まわりにバターの甘い香りが漂う。おおお。予想以上に美味そうでヤンス。お腹が鳴ってきたでヤンス~! 宇宙気分でヤンス~! ヤンスでヤンス。


そーっと、薄紙を引っ張って持ち上げる。スルスルと抵抗なく出てくるパン。スベスベの紙が取り出しやすさと包装を兼ねているのですね。取り出すと……ああ、いいにおい! パンの甘いにおいがします! これはパンです。パンでヤンス。形こそ缶詰形ですが、これはもう、パンそのもの。やわらかいしイイにおいだし! かぶりつきたくなるでヤンス。


1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。