ケンタッキーとマックを合体させた店に行ってみた

access_time create folderガジェ通

中国で『ケンタッキーフライドチキン』と『マクドナルド』が合体した『マイケンジ』というファースフード店が登場したことは有名だ。中国語で『ケンタッキーフライドチキン』を『肯徳基』と書き、『マクドナルド』を『麦当労』と書くのだが、『マイケンジ』は両社の漢字を拝借して『麦肯基』という店名にしたのである。

このことは一部報道機関が日本にて報道していたが、実際に行って食べてみることにした。当編集部の記者が行ったのは、五輪オリンピックオフィシャルスポンサーであり、ディズニーのキャラクターをパクってディイズニーから警告を受けた石景山遊楽園にある『マイケンジ』である(現在は日本のアニメを絶賛パクリ中)。

さっそく店内に入ると、ファーストフード店のような内装になっており、単なるパクリではなさそうだ。メニューには、ハンバーガーにポテト、コカコーラにフランクフルトなど、ひととおり『マクドナルド』にありそうなものは揃えているようだ。


しかし、ハンバーガーは1種類しかなく、ハンバーガーのセットも1種類しかない。仕方なくそれを注文して待つこと5分。なかなかこない。すると、厨房のほうから「チーーン!」という、よくご家庭にあるような食べ物を温める機械の音が……。

その音がなるやいなや、すぐにハンバーガーとポテトが登場した。カウンターで受け取り、さっそくハンバーガーを食べてみると、けっこう美味しい! ハンバーガーとはいえ、肉は『ケンタッキーフライドチキン』のように揚げてあり、パンはなぜかフニャフニャ。肉もけっこうフニャフニャしており、まるで電子レンジで温めたかのようである。

とはいえ、ポテトもハンバーガーも美味しくいただいた。もちろんコカコーラも美味しかった。こんなに美味しいなら、別にパクらなくてもいいような気がするのだが……。


このようすは、後日動画にてお伝えする予定だ。どうかお楽しみに。

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧