ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QualcommがSnapdragon 810における発熱テストの結果を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm が Snapdragon 810 で高いと指摘されているプロセッサの発熱について、その懸念を払拭すべく実際の試験結果を公開し、前モデルとなる Snapdragon 801 に比べて低いことをアピールしています。テストは Snapdragon 801 を搭載したスマートフォン A と Snapdragon 810 を搭載したスマートフォン B を使い、それぞれでレースゲーム「アスファルト8」と 4K 動画の撮影を 30 分間行った際のスマートフォンの表面温度の上昇の変化を比較しています。スマートフォン A / Bの詳細は公表されていません。ゲームの場合、時間経過とともに同じ様に温度は上昇していますが、30 分時点でスマートフォン A は 45 度に達したのに対して、スマートオン B は 40 度付近と低い水準でした。4K 撮影ではより Snapderagon 810 の発熱が低いことを確認できます。Snapdragon 801 は撮影開始後 5 分で 30 ~ 35 度の体温レベルに達したものの、Snapdragno 810 の場合、30 分を経過しても 35 度を上回ることはありませんでしたSource : Qualcomm


(juggly.cn)記事関連リンク
Kindle Fire HDX 8.9のブートローダーアンロックに成功
デンマークのLumigonが「Lumigon T2 HD」の24金バージョンを発売
GoogleがAndroidとChrome OSのデュアルOS Chromebookを開発しているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP