体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

変態デジカメ此処に極まる!究極の自分撮り2画面液晶デジカメ『SAMSUNG VLUU DV150F』開封の儀!

P1030268

変態デジカメ此処に極まる!究極の自分撮り2画面液晶デジカメ『SAMSUNG VLUU DV150F』

「子供の為に僕を撮ろう」

2004年の秋、ジャパネットたかたのCMで流れた言葉です。
その当時は、あまり記憶に残っていなかったのですが、子供が出来、カメラで子供を撮る様になって、ふと気づきました。
「・・・ちょっと待てよ。子供の写真は沢山撮影しているけど、自分が写っている写真が殆ど無いな」

意識しなければ自分が写っている写真は永遠に増えない

・・・そうなんです。考えてみれば当たり前なのですが、意識して自分を撮らない限り、自分が子供達と一緒に写り込む機会は殆どありません。子供が成長して、自分がその後、もし亡くなった時、子供の写真は沢山残っているけれど、肝心の私がほとんど写っていないじゃないか、という事に気がつきました。

「これではいけない・・・!」

早速、対策を考える事にしました。先日、ビデオカメラは、
『4Kワイプ自分撮り!』自撮りビデオカメラの最終形態『Panasonic HC-WX970M』
http://getnews.jp/archives/798441

キャプチャ

を入手する事で、事無きを得ました。

P1030133

問題はデジタルカメラです。デジタルカメラで、『自分撮り』の出来るカメラは、なかなか見当たりません。

いや、真の自分撮りカメラとしては、この機種が存在します。
キヤノンの、『PowerShot N100』です。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/n100/

キャプチャ

このカメラは、背面液晶側にもリアカメラが付いています。カメラ背面のサブカメラとメインのカメラ画像を合成する、「デュアルキャプチャーモード」モードで撮影する事により、撮影者をワイプ画面で撮り込む事が可能です。

2f4ca6837d665fea6dd35948a9479bb6

「これ、FURUの用途にピッタリじゃない。これにすればいいじゃない?!」

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会