体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタインデー? そんな事より『ラーメン学』で極太喰おうぜ!

gokubuto-4_R

さて、2月14日と言えばバレンタインデーですね。バレンタインデーと言えばチョコレートですが、まあ、そんな事よりラーメンの話をしましょう!

まず『ラーメン学』(がく)について語ると長くなるので割愛しますが、一言で説明すると神奈川県相模原市にある「二郎インスパイア」のラーメン屋さんです。
今更『ラーメン二郎』とインスパイアについて語るのも野暮なんで、これまた割愛しますが、一言で説明すると「ボリュームのあるラーメン屋さん」となります。

そんな『ラーメン学』ですが、基本的には二郎です。応用的にも二郎です。しかもインスパイアの中では群を抜いて、

「限りなく二郎に近い」

との評価を得ています。もっとも『ラーメン二郎』も店舗によって味も違えば個性も違うので、一概に「二郎に近い」と言ってもピンとこないのですが、二郎オリジナル、つまり『三田本店』に近いと思っておけば間違いないでしょう。

そんな『ラーメン学』ですが、年に何回かリミッターが解除される日があります。それが「極太DAY」と呼ばれる日で、この日こそ『ラーメン学』の神髄を知る事が出来るのです。

gokubuto-1_R

『ラーメン学』のルールを学ぶべし

まず、たかがラーメンを食べる為にルールが存在する事自体の是非ですが、ここで是非を問うても意味がありません。何故なら、すでにルールは存在しているからです。

「嫌なら食べるな」

以上です。これは『ラーメン二郎』では暗黙の了解。いわゆる「飲食店でのマナー」をより強化し、オペレーションを重視した結果生まれたルールなのです。

さらに店舗によって「列への並び方」とか「ニンニク入れますか?」(トッピング等の有無)などのタイミング、及びコール(注文)が違うのもややこしいです。
なので、とりあえず今回は『ラーメン学』について簡単に説明しておきましょう。

gokubuto-3_R

『ラーメン学』に”マシ”はない

まず店内が満席の時の並び順ですが、さして行列になる事もないので常識的に並べば大丈夫です。車道にはみ出ない、近隣の住人の迷惑にならないように並べばOKです。

希に店主が外に「大か小か?」とラーメンの大きさを聞いて来る事がありますが、その時は自分がオーダーするラーメンの大きさを答えましょう。
まあ、そこまで詰まる事も滅多にないので、基本的には店内に入って食券を購入し、空いてる席に座って食券を出すタイミングを待つスタイルになります。

この時、水や割り箸、レンゲは券売機の上にあるので、ついでに席まで自分が使う分を運ぶんだほうがベターです(極太DAYの時は事前に手渡しで料金を支払います)。

あとは席で待つのみ。

ラーメンが完成すると「お客さん、ニンニクは?」と聞かれるので、ニンニクの有無を伝えましょう。ちなみに写真は、

「ニンニク、ヤサイ」(にんにく、野菜多め)

で御座います。他に「カラメ」(醤油ダレ多め)や「アブラ」(背脂)がありますが、いわゆる「マシ」(超大盛り)や「マシマシ」は受けないので注意しましょう。

まあ、良く分からなかったら「ニンニクで」と答えておけば良いです。

gokubuto-5_R

『ラーメン学』の極太を食す!

まず「二郎はラーメンにしてラーメンにあらず」と言われるほどに、好き嫌いが分かれる食べ物ですが、好きな人には堪らないラーメンです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。