ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony、ランナー向けウェアラブルデバイス「Smart B-trainer(SSE-BTR1」を3月7日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony は、CES 2015 イベントで発表したランナー用のウェアラブルデバイス「Smart B-trainer(SSE-BTR1)」を 3 月 7 日に国内で発売すると発表しました。価格はオープンで、予想売価は 27,000 円前後。販売チャンネルは、Sony ストア、家電量販店、アシックスの直営店とオンラインストアです。Smart B-Trainer は、様々な運動を検出するセンサーを内蔵した防水ヘッドセットで、内蔵ストレージに保存した音楽を再生できるほか、スマートフォン向けアプリ「Smart B-Trainer for Running」と連携して、ランニングを開始すると一定のペースを保てるようアドバイスを提供したり、様々なトレーニングプログラムを音声でガイドしてもらうことができます。また、ユーザーの心拍数に適したテンポの曲を自動的に選択することも可能となっています。「Smart B-Trainer for Running」アプリはAndroid 4.1以上を搭載したカメラ付きスマートフォンとiOS 6以上を搭載した iPhone / iPod に対応しています。

Smart B-Trainer には 6 種類のセンサー (心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、気圧)を内蔵しており、11 種類のランニングログ(心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度)を計測・記録できます。質量は 43g で、IPX5 / X8 の防水に対応。カラバリはブルー、ブラック、ピンク、ホワイトの 4 色です。ワイヤレス通信機能は Bluetooth v4.0 と NFC に対応。対応コーデックは SBC と AAC で、LDAC には非対応です。内部には USB 充電可能なバッテリーを内蔵しており、GPS と Bluetooth が ON の場合は 3 時間、OFF の場合は 6 時間利用できます。フルマラソンのログ取りは…無理そうですね(サブスリーランナーなら大丈夫かも。でもそういう人たちはこんなアイテムを装着して走ったりすることはないでしょう)。Source : Sony


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia E4は台湾Arima製、今後は64bitオクタコア「MT6752」を採用したミッドレンジクラスのLTEモデルが投入されるらしい
So-net、「Nexus 9 LTEモデル」と「So-net モバイル LTE」をセットで月額 2,980 円で提供する新プラン「ハイスピード M2」を販売開始
ワイモバイル、LTE/AXGPに対応した4.5インチ小型Androidスマートフォン「LG Spray 402LG」を発表(更新:2月19日に発売)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。