ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激怒】あまりにも残念すぎるマクドナルドの『ハワイアンバーベキューポークバーガー』を食べて涙する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハワイは素晴らしい観光地だ。植物の息吹から生まれた空気が流れ、大海原の風がハワイの人々を陽気な気分にさせてくれる。ハワイのグルメも絶品で、食べる前から「これぞハワイ!!」というソースと香辛料の香りが嗅覚を魅了する。

・絶対に許せない味
しかし、日本マクドナルドが新発売した『ハワイアンバーベキューポークバーガー』だけは許せない。味、香り、デザイン、すべてにおいて「ハワイさ」の欠片すら感じられないのである。

・ハワイ料理はどれも絶品!!
ハワイ料理にとって、ソースや香辛料は欠かせない存在。それゆえ、逆に「ジャンクな食べ物」と思われがちなのだが、けっしてそんなことはない。

その香りは爽やかであり、食べた瞬間、凝縮された調味料の旨味が一気に広がるのが特徴だ。

・ソースと香辛料がとにかく下品
しかし、日本マクドナルドは何を勘違いしたのか「ハワイらしさ」を「ジャンクらしさ」だと思ってしまったようで、ソースと香辛料がとにかく下品。

単に味が濃いだけで、ポークパティの美味しさを打ち消してしまっている。

・あまりにもギュギュッと固めすぎている
ポークパティ自身も弾力が人工的で、肉というより「プルプルした何かの塊」のように感じる。

もちろん、ハンバーグやパティは人工的にミンチ肉をかためたものなのだが、あまりにもギュギュッと固めすぎているため、フワッとした旨味の広がりが感じられない。

・ほろほろポークの存在感なし!
4時間以上煮込んだフレーク状の「ほろほろポーク」が入っているらしいが、まったく存在感がなかった。

もちろん入れ忘れたなんてことはないだろうが、これもソースによって存在を打ち消されたものと推測する。

・バンズとポークの相性は最悪
ソースは激しく濃く、肉は旨味の広がりを感じさせない。しかもバンズがちぎれにくい性質をしており、ポークとの相性は最悪。

バンズで強い食感を表現しようとしたのかもしれないが、食材と食材の相性がよくない。

・ハワイもたまったもんじゃない
ハワイシリーズのハンバーガーは今後もシリーズ化して販売されるらしいが、今回の『ハワイアンバーベキューポークバーガー』は何一つほめるところがない。このバーガーで「ハワイ料理は美味しくない」と思われたら、ハワイもたまったもんじゃないだろう。

・食べて残るのは後悔のみ
食べてしまったあと、「なんでこんなもので胃袋を満たしてしまったんだろう」と後悔しか残らなかった。マクドナルドのレギュラーメニューのハンバーガーは美味しいのに、どうしてこんなにダメな味にしてしまったのか? 心から残念に思う。

・『ロコモコバーガー』に期待
日本には、ハワイアンバーガーの人気ファストフード店として『クアアイナ』がある。日本マクドナルドは、このハンバーガーを『クアアイナ』より美味しいと思って開発したのか? こんなものを作って恥ずかしくないのだろうか?

今回の『ハワイアンバーベキューポークバーガー』はひどいが、2015年3月から発売される予定の『ロコモコバーガー』に期待したいところだ。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/10/mcdonalds-hawaii-burger/
Via: ハワイアンバーベキューポークバーガー

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP