ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーライ・ロスが学生の冗談を現実化! 前代未聞の“子喰い”ピエロホラー映画『クラウン』公開決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ホステル』シリーズ、『ラスト・エクソシズム』を手がけたイーライ・ロス制作のピエロホラー映画『クラウン』が3月21日より公開決定しました。この映画、制作に至るまでにちょっとおもしろい過程があったようです。

ストーリーは、クラウン(ピエロ)の衣装を着て息子の誕生日をお祝いしていた父が、なぜだか衣装が脱げなくなってしまい、徐々にピエロ衣装と自分とが同化していることに気付きます。そして、その呪われた衣装によって子どもらを貪り食う悪魔“クロイン”に変化していってしまう……というもの。……脱げないピエロ衣装って怖すぎんよ。

この映画、元は2010年に映画学校生徒のジョン・ワッツとクリス・フォードがジョークで作ったフェイクの予告編だったそう。Youtubeに投稿されたその動画には、予告編をそれらしくするため映画会社のロゴやイーライ・ロスの名前を入れてあり、その動画をなんとイーライ・ロス本人が視聴! 「オレの名前を勝手に使うなや」と怒るどころか、「この企画を本当に映画化しないか?」と彼らに持ちかけたのだとか。粋だぜイーライ!

ちなみにそのフェイク予告編がこちら。予告編自体も非常にクオリティが高いですが、「From the Master of Horror, Eli Roth.」と入れるだけでかなりハクがつくのが分かります。


動画が表示されない方はこちら[ホラー通信]

制作過程もさることながらストーリー自体も非常に面白そうなこの作品。残虐な子喰いクラウンと化した父と息子の運命やいかに……。映画『クラウン』は3月21日より公開です。

映画『クラウン』
http://www.clown-movie.jp/[リンク]

監督:ジョン・ワッツ 製作:イーライ・ロス『ホステル』シリーズ 『キャビン・フィーバー』監督
出演:アンディ・パワーズ『イン・ハー・シューズ』「OZ/オズ」/ローラ・アレン(Dr.HOUSE/ドクターハウス」「クリミナル・マインド」/ピーター・ストーメア『コンスタンティン』『アルマゲドン』

(C)2014 Vertebra Clown Film Inc.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP