体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2014年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 結果発表(破壊屋ブログ)

2014年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 結果発表(破壊屋ブログ)

今回はギッチョさんのブログ『破壊屋ブログ』からご寄稿いただきました。

2014年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞 結果発表(破壊屋ブログ)

2014年 誰映画ベストテン

順位/タイトル/得票
1位/ルパン三世/310票
2位/黒執事/199票
3位/MIRACLE デビクロくんの恋と魔法/190票
4位/STAND BY ME ドラえもん/183票
5位/TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI/105票
6位/ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ/103票
7位/Wake Up, Girls! 七人のアイドル/90票
8位/僕は友達が少ない/71票
9位/魔女の宅急便/70票
10位/BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-/69票
10位/わたしのハワイの歩きかた/69票

このページの一番下に「真説 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」も載せました。

全作品一覧と短評解説はこちら
「誰映画 2014 の順位表」 『この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞』
http://hakaiya.com/darei/subjects/2014

投票者のコメントはこちら
「誰映画 2014 の全コメント」 『この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞』
http://hakaiya.com/darei/subjects/2014/comment

ベストテン短評

誰映画大賞は『ルパン三世』。剛力彩芽は『黒執事』で二年連続二位、『SBMドラえもん』が「ドラ泣き」の押し付けで嫌われた。K-POPが消えたと思ったらセカオワ。バラエティ番組、アイドルアニメ、ラノベといった新ジャンルが初登場。

ベストテン総評

●大ヒット映画たちが上位に登場
爆死映画が上位を独占した2013年と違って2014年はヒット映画が上位にランクインした。ブーム作りが嫌われた形だ。しかし商売としては成功かつ正解なのだ。
誰もが大コケを予想した『ルパン三世』は30億円超えの大ヒットだけど誰映画大賞になってしまった。不名誉な賞だけど儲かったんだからいいじゃない!ちなみに2014年の爆死映画は『薔薇色のブー子(12位)』だ。

●誰洋画一位は『アナと雪の女王』
「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」の洋画一位は何と超ヒット作の『アナと雪の女王(13位)』。意外にも実際に観た人からの投票が多数。コメントには「良い映画だけどあのブームはうざすぎた」という意見が多い。
2014年は「レリゴー!レリゴー!アリノー!ママノー!」を嫌になるほど聞かされたけど、俺は「小保方さん」とか「大韓航空のナッツ姫」とか「連続夫殺人の筧千佐子容疑者」みたいなありのままに生きる女性を見るとレリゴーが脳内再生される。でも『アナと雪の女王』が大コケしていたら、きっと俺は「何でこんな良作をみんな観ないんだ!」とか世間に説教タレていただろうな。

●木下グループ
ダメ映画のスポンサーといえば木下グループ/木下工務店だけど、誰映画ベスト20本のうち7本が木下グループの映画だった。誰が観に行くんだってそりゃ木下グループの取引先だよ。
(総評の続きはページ下部です)

真説:2014年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞

得票数が少なかったけれど、俺が勝手に選ぶ『真説:この映画はいったい誰が観に行くんだ』ベスト3。

●ヒットマン 明日への銃声
亀田大毅がタコ焼き売りながら親のいない子供と仲良くなる物語。タイトルが関係ないので、亀田大毅が暴れる展開を期待していると裏切られる。

●醒めながら見る夢
ポールダンスの演出家が女性関係にモメる物語と、女性をSM縛りすることで心を癒やす緊迫セラピーの物語が並行して描かれる。辻仁成が監督・脚本・原作。とにかくキモい!

1 2 3 4 5 6 7次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy