ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Allwinner、初の64bit 対応タブレット向け新プロセッサ「Allwinner A64」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー Allwinner Technology がロット単価で $5 というコストパフォーマンスに優れたタブレット向けの 64bit プロセッサ「Allwinner A64」を発表しました。Allwinner A64 は同社のモバイル向け製品で初めて 32bit / 64bit 対応の ARM-v8 CPU である「Cortex-A53」を 4 基内蔵したクアッドコアプロセッサで、Android 5.0 (Lollipop)の 64bit 版もサポートしています。フルスペックは未公開ですが、Allwinner A64 ではハードウェアレベルで H.265 / H.264フォーマットの動画を再生できるほか、HDMI 経由での 4K 出力、eMMC 5.0 の NAND フラッシュをサポートしていますAllwinner 製のプロセッサは中華タブレットで広く採用されており、国内でもその一部が輸入販売されていたり、国内メーカーブランドの製品として発売されることがよくあります。Allwinner A64 の登場によって、今後は従来並みの低価格な 64bit タブレットが出てくると予想されます。Source : Allwinner


(juggly.cn)記事関連リンク
「dアニメストア」アプリがAndroid 5.0に正式対応
アクションテック、MiracastとIntel WiDiに対応したスティック型ワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Mini2」を2月25日に国内発売
サンワサプライ、デスクの好きな場所に固定できる7インチ~11インチまでの汎用タブレットアーム「CR-LATAB13」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP