ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペインの携帯販売店が「Xperia E1 II」の商品ページを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile の 2015 年エントリーモデルかもしれない「Xperia E1 II」を名乗る端末が、欧州の携帯販売店チェーン PhoneHouse のスペイン向けオンラインショップに掲載されていることが判明しました。商品ページの画像は 2013 年に発売された「Xperia E1」のままと、一部にフェイクっぽい要素も含んでいるのですが、スペック情報は既にレビュー記事までもが公開されている「Xperia E4(E2105)」のもので、さらに、PhoneHouse が公開しているということで、完全な偽物とも言い難いのです。商品ページによると、「Xperia E1 II」は Android 4.4、5 インチ 960 × 540 ピクセルのディスプレイ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 500 万画素カメラを搭載しています。筐体サイズは 118.0 x 62.4 x 12.0mm、質量は 122g と表示されていますが、実は、この寸法は Xperia E1 そのものだったりします。Sony Mobile の Android スマートフォンで製品名に「II」の付く機種はこれまでに発売されていません。Xperia Z シリーズのように Z1 → Z2 と数字が上がっていくのが基本で、Xperia E 系も Xperia E1 から Xperia E3 に上がりました。この規則性が今後も続く場合、次回作は Xperia E4 といったものになると考えられます。つまり、名前は「Xperia E1 II」ではない可能性が高いということです。Source : PhoneHouse


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0を搭載したXperia Z1がネット上で捕捉される、ファームウェアビルドは「14.5.A.X.XXX」か?
nowPaper : ハイクオリティなGoogle Now風壁紙アプリ、Muzeiもサポート
Google、Android版Chrome 41 Beta版にリファラーの情報量を減らして匿名化する新フラグを試験実装

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP