体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

法律なんて変えちゃえばいいんですよ! ”規制バスター”原英史さんに規制との戦い方をきいてみた

原英史さん

「法律なんて変えちゃえばいいんですよ」とこともなげに言う原英史(はらえいじ)さんは元官僚だ。現場を知り尽くした原さんは、これまでの規制への対応の方法には問題があると言う。原さんの話をきいていると、実に多くの不思議な規制、バカらしい規制が存在することがわかるのだが、それじゃぁどうしたらそんな”くだらない”規制を潰していくことができるんだろうか。

登場人物
=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ガジェット通信の中の人)

原さんプロフィール
原英史(はらえいじ) 1966年東京生まれ。東京大学法学部卒、米シカゴロースクール修了。89年通商産業省入省、07年から安倍晋三、福田康夫内閣で渡辺喜美・行政改革担当大臣の補佐官を務める。09年7月に退官後「政策工房」を設立。政策コンサルティングをスタート。近著に『官僚のレトリック』(新潮社) 10年10月、国際情報誌『SAPIO』にて連載開始。

【原さんのこれまで】

ふかみん:今日はお時間いただきましてありがとうございます。

原:こちらこそ、ありがとうございます。

ふかみん:まずは原さんのこれまでについて教えてください。

原:もともと私は通商産業省という役所に20年位いました。そこで政策の企画立案だとかをやってきまして、1年ぐらい前に辞めました。辞める直前は行政改革であるとか、公務員制度改革であるとか、そういうことに取り組んでました。辞めた後、政策工房というコンサルティングの会社を立ち上げ、政策づくりのお手伝いをやってます。お客さんは政党だったり民間団体だったりします。

ふかみん:そういう、政策コンサルティングの会社って今まで日本にあったんですか?

原:いやぁ、ないですね。

ふかみん:何か元となったモデルってあるんでしょうか?

原:そうですね、強いて言えば……アメリカには政策のシンクタンクがあり、政策づくりを競いあうような環境があるんですよ。その中で”良い政策”が勝ち残って最終的に議会で選ばれていくようになってるんです。日本の場合って、霞が関にある役所、官庁が独占的に政策をつくってるんです。政治家は官僚の手のひらの上で転がされ、国会も役人の根回しによって審議がなされるわけですから、結局霞が関でつくられる政策が最終的に内閣の決定となり国会で成立することになってしまうんです。

ふかみん:……てことは原さんはついこの間まで、政治家を手のひらの上で転がしてたわけですね。

原:そうですね(笑)。でもそれって、本当の意味での民主主義の世界じゃないですよね。

ふかみん:ふーむ。

原:国民が選んだ政治家が大きな方向性を示し物事を決めていくというのが本来の姿で、官僚の役割っていうのは色んなオプションを示したり、この選択をすればこういうことが起きる、という分析をすることであるはずなんですよ。でもその部分の仕事がいい加減になって、議員会館の国会議員がたくさんいるところを駆けずり回って根回ししてまわる、みたいなことがメインの仕事になっちゃってる。政策のオプションを提示しつつ、それぞれの政策にどういういい点と悪い点があるということを競いあう、”政策競争”がまったくなされていないんです。それって結局なんでかっていうと”霞が関”が政策づくりの独占企業だからなんですよ。だから「競争相手を作らなくちゃいけないんじゃないか」というのが私の考えなんです。

ふかみん:競争相手のひとつとしてまず最初に名乗りをあげた、と……。

原:そういうことです。

飄々とした原さん
1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。