ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

圧縮・解凍アプリ「WinZip for Android 日本語版」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows 向けの圧縮・解凍ソフトとして有名な「WinZip」の Android 向けの日本語対応版がリリースされました。アプリは無料でダウンロードでき、無料で利用できますが、Dropbox との連携などの一部の機能は有料になります。WinZip の Android 版はファイル管理アプリのような UI を採用しており、ダウンロードした ZIP などの圧縮ファイルの解凍、ファイルやフォルダの ZIP 圧縮、圧縮ファイルの管理、クラウドバックアップを行うことができます。特徴としては、圧縮ファイルの AES 方式による暗号化(128bit / 256bit)が可能であることや、クラウドストレージ「Dropbox」にアップロードできること、7z や RAR といったアーカイブファイルも展開できるところです。アプリの無料版では大抵の機能を無料のまま利用できますが、広告が表示されるほか、ZIPX / 7z / RAR の解凍、圧縮時のファイル暗号化、Dropbox へのアップロード機能が利用できません。全ての機能を利用するにはアプリ内購入機能で Premium 版にアップグレード($1.99)する必要があります。「WinZip for Android 日本語版」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter、Androidアプリでツイート解析機能「Tweet Activity」とアカウント無しで利用できる「Instant Timeline」をテスト中
Motorola、2014年Q4は前年同期比118%増の1,000万台のスマートフォンを出荷
東京ヤクルトスワローズ公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP