体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音ゲーができる700万の魔改造痛車がすごい…! 制作者にインタビュー

音ゲーができる700万の魔改造痛車がすごい…! 制作者にインタビュー

来場者によるプレイ中の様子
みなさん、こんにちは。ユーザー記者ユニット・JASTのあおいたんと申します。

ついに1月31日(土)より幕張メッセで開幕となった「闘会議2015」。「闘会議」には、色んなブースがありますが、私たちJASTが注目したのは、企画・準備・運営すべてをユーザーに委ねた「まるなげひろば」ですっ!

今回は、そんなまるなげひろばでも一際目立っていた、サークル・GENESISさんによる、トヨタのアルファードを魔改造した、遊べる痛車「ミクリン号」を取材してまいりましたっ☆

実はこれ、ボーカロイドの初音ミクと鏡音リンが描かれた痛車かと思いきや、PS Vita・PS3 向けの人気リズムアクションゲーム『Project DIVA F 2nd』がプレイできる車なんですっ!

「見て、聴けて、遊べる」をコンセプトに、痛車でありながら、後ろには、複数の液晶モニターとオリジナルのコントローラーを設置。まるでゲームセンターのような空間が広がっています。

【ニコニコ動画】痛車の中でミクDIVA

ということで早速、製作者のミクファードさんにインタビューしましたっ!

車に興味がない人を惹きつけられるものは何か

──そもそも、なんでこれをつくろうと思ったんですか?

ミクファード もともと車をカスタムするのが好きで、昨今の車離れが多い中「車に興味がない人を惹きつけられるものは何か」と考えたときに、やっぱり痛車かなって。

でも、せっかくならゲームができる楽しい車にしてみたいと思って『Project DIVA F 2nd』と合体させてみました。

──特にこだわった点はありますか?

ミクファード あります! こちらです。

ミクファード PlayStation®3を助手席に埋め込みました!

──えええええ!!!!! ほんとだ! 埋まってる!

ミクファード ゲームを快適にプレイできるように、車の温度管理からハードディスクの取り外しまで、全部できるようになっています。

RE_IMG_4613

──液晶もたくさんついていますね。

ミクファード そうですね。たくさんついていて前が見にくいですが、普通に運転はできます。

──えっ! このままの状態で運転できるんですか!?

RE_IMG_4672

ミクファード 大丈夫です! 画面をプレイ画面からバックモニターにも切り替えることができるので、可能です。実際はしませんが……。この車はあくまでイベント展示用です。普段は『Project DIVA F 2nd』もほとんどやらないですし、誰かがプレイして楽しんでいるところを見るのが嬉しいんです。

──気になる製作費用は……?

ミクファード 車の中の改装費も合わせて、大体700万くらいですね。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会