ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事にぶち当たった時も、そうでない時も読んでほしい! 働くことに、熱く前向きになれる小説~マガジンハウス担当者の今推し本『ハケンアニメ!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


(C)CLAMP・Shigatsu Tsuitachi CO.,LTD.

こんにちは、マガジンハウスです。2015年一発目におすすめしたいのは、辻村深月さんの小説『ハケンアニメ!』。昨年8月の発売後、アニメファンのみならず老若男女幅広い読者に読まれ、今なお愛され続けている、キラキラ輝くお仕事小説です! カバー絵はあのCLAMP様。今日は、限定の特別帯バージョンを携えた担当編集Nさんにお話を聞いてみましょう。

――――お、Nさん。いいの持ってますね。
N「これは一部の書店様で展開中の、限定の帯なんですよ。裏には、anan連載時に番外編として掲載していた短編読み切りが書かれています」

――――“九年前のクリスマス”ですね。これはマガジンハウスのHP(http://magazineworld.jp/books/hakenanime/[リンク] )でも読むことができますよね。
N「ええ。でも、既に初版で買われたのに、この特別帯版も買ってくださる方が結構いて。さらに、辻村先生のサイン本もお持ちで、計3冊持ってます、という方もいらっしゃいます」



こちらが限定の特別帯バージョン。登場人物3人の女性が、9年前のクリスマスイブをどう過ごしていたかが描かれた短編が。
(C)CLAMP・Shigatsu Tsuitachi CO.,LTD.

――――すごい。会ってお礼を申し上げたいですね! ところで、連載時から担当されているNさんは、誰よりもこの小説について情熱をお持ちかと思いますが……。
N「それがそんなことないんですよ。いや、もちろん情熱は負けないつもりですが(笑)、ほかにもこの作品を愛してくださる方が多くて。読者の方からは、実写化を熱望する声や、妄想キャスティングで盛り上がってますというご報告もいただくんですよ。また、『運命戦線リデルライト』や『サウンドバック 奏の石』といった作中アニメが作品化されたものを見たい!というご意見も多いです」

――――映像化は私も期待しちゃいます! 具体的には……?
N「オファーはいただいています、とだけお答えします(笑)。最近では、同じくアニメ業界を舞台にしているテレビアニメ『SHIROBAKO』と合わせて鑑賞しているという方もいるみたいですね」

――――アニメ制作という仕事が、作品の題材として注目され始めている?
N「うーん、どうなんでしょう。ただ、いろんなドラマは起こり得る仕事でしょうね。アニメの制作現場はとてもハードなんですよ。辻村先生はそういう点も含めとても丁寧に取材されているので、関係者の方にも、熱心なアニメファンの方にも、リアリティある物語として読まれているんだと思います」

――――それにしても、物語も熱い気持ちにさせてくれますけど、ファンの方も熱いんですね。
N「そうなんです。舞台はアニメ業界なので少し特殊に思えるかもしれませんが、仕事にぶち当たる感じはみんな同じ。働く人なら誰でも共感できるシーンばかりで、読んでいて決して“仲間外れ”の気分にならないんですよね」

――――大いに同感です! 読んでいると、こんなスーダラ社員でもまだ熱くなれる部分があるのかと感動しました。
N「嬉しいのは、書店様にもファンが多く、すっごく素敵な店頭POPを作ってプッシュしてくださっているんですよ。お店で実際に見た時は泣けました」


各店のスタッフさんによる、手描きの登場人物が可愛い!
左・丸善ラゾーナ川崎店様、右上・宮脇書店本店様、右下・廣文館金座街本店様。
本当にありがとうございます!

――――ところでNさんが一番好きなシーンは?
N「プロデューサーの香屋子が、王子監督が失踪したことをなかなか言えなくて、胸がキリキリなってるところですね。私も、報告したら怒られるだろうという案件を抱えてしまうことが多いので……」

――――心中お察しします……。では唐突ですが、最後にメッセージを。
N「『ハケンアニメ!』は、とても素晴らしいお仕事小説ですが、働く喜びだけじゃなく、本を読むという喜びも与えてくれる作品です。まだの方は是非、読んでください!」

今週の推し本

■ハケンアニメ!(辻村深月 著・ CLAMP 画)
ジャンル : 小説
ISBN : 9784838726905
定価 : 1728円 (税込)
発売 : 2014.08.22
http://magazineworld.jp/books/paper/2690/

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP