ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xデーは2010年9月25日! 巨大台風とメガ津波が日本に上陸する!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2010年9月25日は公開映画がやたら多い激戦区の日なのだが、中でも注目なのが、中国・韓国から上陸する2大ディザスタームービーだ。

まずは中国製ディザスター・ムービー『超強台風』。中国大陸を襲った台風の猛威を描いている……のだが、驚きは「あくまでも本物にこだわる。実写最高!」という本作監督の信念からCGには頼らず、精巧なミニチュアや本物の台風の映像をミクスチャーするという、往年の特撮作品を思わせる手づくり感満載の手法を取っていること。が、リアルさは追求されておりチープにはなっていない。本国では上映後に「特殊効果の費用は大丈夫か!?」と観客に心配されるという意味不明なエピソードがあったほど。しかし、この映画最大のビックリは、この台風に1人の市長が立ち向かってしまうことだ! このおじさんはだれなんだ!

もう一つは韓国製ディザスター・ムービー『TSUNAMI』。こちらは『超強台風』とうって変わって『スター・ウォーズ』シリーズ、『デイ・アフター・トゥモロー』など、ハリウッドの超大作映画を手がけてきたCGプロデューサーによる驚異の映像表現がフルスロットルの作品。韓国のリゾート地を襲い容赦なく市民を飲み込む、高さ100m、時速800kmの“メガ津波”はディザスター・ムービーの歴史に名を刻んだ、一見の価値ありの映像だ。また、韓国の名優ソル・ギョング兄貴(『シルミド』『公共の敵』シリーズ)が出ている事もあり、ただのパニックムービーに終わらず、見事に感動ドラマに仕上がっている。






2作とも共通するのはハリウッド大作へのアンチテーゼであり、アジアならではの新しい表現、「ハリウッドにも負けない映画を作ることができるぞ!」という宣戦布告なのだろう。今年の9月25日は1日にこの2作を立て続けに観よう。きっと何かが突き抜けるはずだ! 映画館で観ることを絶対オススメするぞ!!

『超強台風』は新宿ミラノ、『TSUNAMI』新宿バルト9に9月25日そろって上陸。

画像:『TSUNAMI』

@ニフティ映画
http://movie.nifty.com/

■関連記事
ウィル・スミスの親バカが炸裂!! 『ベスト・キッド』はエンドロールがスゴいぞ!
草食系男子・ゆとり世代は全員起立! スタローン隊長率いる『エクスペンダブルズ』がスゴい!
『ラピュタ』『トトロ』『ポニョ』 ジブリ作品の都市伝説ってこんなにあるの?
地味に高評価!映画『プリンス・オブ・ペルシャ』は隠れた名作か
日本のイルカ漁を批判した映画『ザ・コーヴ』が日本中で上映中止 その理由に迫る! 明大「そもそも上映予定は無かった」

カテゴリー : エンタメ タグ :
@nifty映画の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP