ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

狭い部屋を最大限に利用した、スマート・ベッドルーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

狭い部屋で賢く暮らすということは、都会に住む者にとって永遠のテーマだ。

豊富な施設や交通の便利さなどがメリットとして存在する一方、都会で生活するデメリットに、この“部屋の狭さ”をあげる人も多いのではなかろうか。

ベルギーの都市、アントワープに拠点を置くデザイン会社「VAN STAEYEN」が提案する最新ベッドルームは、ヨーロッパ・アルプス山岳地帯からヒントを得たユニークなデザイン。

部屋をすっきり見せるため、壁一面をストレージにして、クイーンサイズのベッドをビルトインした。

ベッドには幾何学型の窓から出入りするようになっており、引き出した下部のストレージが階段の役割を果たしてくれる。

部屋の色調は明るいホワイトと、アクセントとなるビタミンカラーが効いており、窮屈さを感じさせないように工夫されているそう。

またベッドルームに隣接する洗面台は、温かみのある木材を使用することで変化をもたせている。

和風で言うところの“ドラえもん式”ベッドは、なかなか居心地が良さそうだ。

狭くても快適。もしこんなひとり暮らし用マンションがあれば住んでみたいかも!

VAN STAEYEN INTERIEUR ARCHITECTEN
http://www.vanstaeyen.be/intro

ベッド(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP