体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネット連動のバラエティラジオ番組『wktkの枠』にアニソン・ボカロDJの帝王出演! 百花繚乱・二宮係長・DJシーザー特別インタビュー

wktk_集合

土曜深夜24時よりJFN系列で好評放送中のラジオ番組『wktkの枠』。ニコニコの顔ともいえるネットタレントの百花繚乱さんと、サブカル知識満載で歌も歌える二宮係長さんの2人が『ニコニコ生放送』と同時配信しながら放送している新時代のラジオ番組だ。ゲストを迎えてのトークや、他で聞けない『wktkの枠』ならではのコーナーなど、アニメやボカロ好きなネットユーザーや、初めてラジオを聴く人でも気軽に楽しめる番組となっている。

今回は、ゲストにDJシーザーさんを迎えた回を取材させていただいた。DJシーザーさんはロックから萌えまで幅広いジャンルを扱うアニソンボカロJポップDJ。『#俺的ボカロ曲ロックカバー祭 VOL2』が発売になったのを記念して『wktkの枠』に遊びに来てくれた。実は『wktkの枠』の2人もCDに歌手として参加しているということで、収録の裏話を聴いてきたぞ。

――まず、俺的ボカロ曲ロックカバー祭とはどういう企画なのでしょうか?

DJシーザー 元々、邦楽も洋楽もロックが好きで、音楽をはじめたきっかけがロックだったんですね。もちろんボカロも07年から大好きで。なのでボカロ曲のアレンジCDを出さないかという話が来た時に、じゃあボカロ好きだけどロックはあまり知らない層にも楽しめる音楽がやろうと思って「ロックアレンジでいこう!」とこういう企画となりました。

――ボーカロイドはいつごろから聴いているんですか?

DJシーザー クラブでボーカロイド曲を最初にかけはじめたのがおそらく07年にアキバ系DJしていた僕ら界隈からだと思います。ボカロPのkzさんとイベントで共演したり『みっくみくにしてあげる』とかが発表されたときからもうずっとかけてましたね。

――今回のVol2のコンセプトは?

DJシーザー よりロックな感じで行こうかなと。音質的にいうと、全体的にかなり音圧をあげています。バンドで言うとマキシマムザホルモンみたいな感じで、よりロック臭がしているんじゃないかと。あとは、やっぱりロックといえばギターじゃないですか。だから全体的にギターの音を全開にしてデカめにしてあってロックを感じられると思います。

――今回の7組の人選は?

DJシーザー なるべくバラバラになるようにしました。『ニコニコ動画』の歌い手、MC、生主、踊り手、といろいろなジャンルの方に歌ってもらいました。いろんな人に聴いてもらいたかったので、ひとつのジャンルに固定しませんでした。あとはダブルよっぴーがやりたかったというのがあります。『Wake Up, Girls!』の青山吉能さんとニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんという2人のよっぴーがいて。『Wake Up, Girls!』のファンの方が真っ先にブログで取り上げてくださったりもしました。

――ダブルよっぴーというのは前から言われていたんですか?

DJシーザー 『Wake Up, Girls!』のイベントで吉田アナが司会をすることも多いんですが、その時に限って吉能ちゃんが来られなかったりなかなか実現しなかったんです。僕が『Wake Up, Girls!』好きというのもあって、実現できて本当によかったです。

wktk_DJシーザー

――収録中に面白かったエピソードはありますか?

DJシーザー 白石稔さんがものすごく踊りながら歌っていたのが面白かったです。あとは、吉田アナが最初はすごく照れているのがすごくかわいかったです(笑)

――吉田さんは歌のイメージがあまりないですよね。

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会