ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK朝ドラ『マッサン』の鴨居英一郎が『究極超人あ〜る』のR・田中一郎に似ている

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『究極超人あ〜る』という漫画をご存知だろうか。『機動警察パトレイバー』の前にゆうきまさみ先生が週刊少年サンデーで連載していた作品。

マッドサイエンティストに作られたアンドロイドであるR・田中一郎が主人公の学園コメディで、春風高校“光画部”を中心とした変な人たちとの交流を描いたもの。連載開始は約30年前の1985年で、アラフォーの文化系の方々にことさら愛されている作品だと思われる。OVAにもなっており、未読の方は一度読んでみることをオススメする。

さて、その主人公のR・田中一郎と、NHKの朝ドラ『マッサン』に出てきた鴨居英一郎がそっくりだということで『Twitter』などで話題になっているようである。物語の重要なキャラである父・鴨居欣次郎のモデルはサントリー創業者の鳥井信治郎、そしてその長男・鳥居吉太郎が英一郎のモデルとみられている。

学ランとそのヘアスタイルが酷似しており、『Twitter』上では比較画像を作る方も現れ多くのリツイートを集めていた。


実際、英一郎が登場すると、『Twitter』や『2ちゃんねる』の実況スレなどで「究極超人」「あ~る君」といったフレーズがよく見られるようだ。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP