体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原発から一番近い商店街で、ニラレバ炒め定食を食べてきた

IMG_0325

福島県双葉郡楢葉(ならは)町は、町のほとんどのエリアが、福島第一原発から20キロ圏内に位置する。

現在は、警戒区域指定が解除され(2012年8月10日)、避難指示解除準備区域に再編されている。

日中の立ち入りは可能だが、宿泊は許可されていないエリアだ。

近い将来の住民の帰還を目指すこの町の役場前で、小さな仮設商店街がオープンしたのは今年6月のことだ。

商店街の名前は「ここなら商店街」。

第一原発から約15キロメートルほどのところに位置する、3店舗しかないこの商店街に筆者が訪れたのは12月6日のことだ。

目当ては「武ちゃん食堂」の「ニラレバ定食」! ネットの口コミ情報を調べていたら、被災前の「武ちゃん食堂」の看板メニューだということが書いてあったので、食べてみたかったのだ。

「ブイチェーンネモト」というミニスーパーと、うどんやソフトクリームを販売する「おらほ亭」に挟まれるように存在する「武ちゃん食堂」

 【「ブイチェーンネモト」というミニスーパーと、うどんやソフトクリームを販売する「おらほ亭」に挟まれるように存在する「武ちゃん食堂」】

FullSizeRender

写真を撮り忘れたが、現地の放射線量は0.22μSv/h。

「武ちゃん食堂」は、元々は、楢葉町にある2つの駅のうちのひとつ、「竜田駅」そばで開業していた定食屋さんだ。昭和46年創業。ご主人の佐藤茂樹さんは二代目だ。ホールを務めるのは奥さんの美由紀さん。

「やはり、ニラレバ炒め定食がおすすめです」

と太鼓判を押してくれたので迷わずオーダーした。

これがメニュー表。以前は「リクエストは断らない主義だから、何十種類もメニューが増えちゃった」との事だったが、現在は縮小運転中

 【これがメニュー表。以前は「リクエストは断らない主義だから、何十種類もメニューが増えちゃった」との事だったが、現在は縮小運転中】

出てきました。ニラレバ炒め定食。ご飯は大盛り100円。写真が下手でゴメンなさい…

 【出てきました。ニラレバ炒め定食。ご飯は大盛り100円。写真が下手でゴメンなさい…】

正統派。レバーとニラだけのニラレバ

 【正統派。レバーとニラだけのニラレバ】

早速いただく。

しょうがが効いていて、レバーには臭みがなく、これは美味しい! 味付けがしっかりしていてご飯がすすむ。やや塩気が強いのは、復興作業の肉体労働に従事する作業員さんたちが多く利用するお店だからだろうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会