ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の島でハプニングの連続…台本ナシのもっともネットらしい生放送番組『旅部10』現在放送中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

もっともネットらしい生放送番組

人気生放送シリーズの『旅部』が現在放送中だ。ぶっつけ本番、台本なしでハプニングだらけの旅を生放送するという、いかにもネットらしい破天荒な企画。しかしながらそのネットらしさが視聴者に受け入れられ、毎回数万人の視聴者と、非常に多くのコメントを集めている。そんな今回の旅部の放送は第10回。冬の離島を目指し、静岡県の初島という島を訪れている。

今回登場するのは、ほぼレギュラーのマスクマン横山と、ゲストとして登場したNER(ネル)氏、そして裏方でありながら毎回ドジな失敗続きの力也(りきや)。この3名だけで旅をし、カメラマンやディレクターなどおらず、常にこの3名だけで台本のない旅に挑みます。自分たちで生放送をしながら旅を続けるこの企画は、この先何がおこるか誰にも予想がつかず、ハプニングの連続。それが話題となり、毎回非常に人気を呼んでいます。

旅部10「島」放送ページ

熱海から船に乗り込んだインターネット配信者3名は、島へ向かう船の上からの配信を敢行。
船の周りを飛び回るカモメたちとの不思議な共演も果たした。

いたずら電話でセグウェイに挑戦できず

訪れた島はリゾート地。さまざまなアクティビティも用意されているのだが、ここでトラブルが。セグウェイに挑戦する予定だったのだが、いたずら電話により、できないことになってしまった。
他にできるものを探し、陶芸に挑戦。ろくろを回しておのおの作品を制作した。

あっという間に訪れる闇

当初は魚釣りでもして、釣った魚を調理しようと考えていた三人。しかし、メンバーのうちの一名、力也がいたずら電話の対応に追われるうちに、あっというまに暗くなってしまった。

力也をしこたま待った後、なにか食べられるお店があるというユーザーさんからの情報を元に、港の方へ戻る三名。人が歩いておらず街灯もない道をひたすら進み、港近くのお店を発見し飛び込む。そこに待っていたのは、人懐こいおもしろ店主さんだった。

港の近くのお店で店主から夜に釣りをする人はいないといわれ、釣りは断念するつもりだった一行は、島から見える熱海の夜景をみながら、宿泊予定のテントに向けて歩き出す。しかし、そこで見つけたのは、夜に釣をする人たち。

早速、夜釣りをする人たちに話しかけ、釣りをやってみることに決定。今回ゲストのNER氏が釣りにはまって、しばらく挑戦は続く。

テントに到着し海産物に舌鼓

宿泊予定のテントに入ると、なんとそこにはBBQセットと食材が。
なんと晩御飯は準備されていたのでありました。

テーマトークに突入

海産物を楽しみながら、テーマトークに突入する三名。
あらかじめ視聴者さんから集めたテーマをくじ引き方式でひいて、そのテーマで話をすすめます。

話はいろんな方向に及び、大盛り上がり。
すっかり酔いのまわった横山緑、NER、力也の三名は、夜遅くまで語り合います。

この放送、寝ている間も継続し、翌日も放送を続けます。
明日は改めて島内を巡り、色々なアクティビティに挑戦する予定です。
果たしていたずら電話に勝てるのか。それともうまくいかないのか。
放送は2014年12月7日の13時まで。リアルタイムに視聴できなかった人はアーカイブでの視聴も可能なので、一体何が起きたのか実際に生放送を観て確かめてみてください。

旅部10「島」放送ページ
http://live.nicovideo.jp/watch/lv199282132 [リンク]

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP