ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100年休まずにチクタクした『大きな古時計』は本当は〇〇〇だった!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大きな古時計

子どもから大人まで、心にジーンと響く歌といえば『大きな古時計』ですよね。実は、知人のアメリカ人男性と会話をしていて『大きな古時計』の話になったのですが、彼が言うには「日本とアメリカでは歌詞の内容が違う」というのです。

日本語が堪能な彼は『大きな古時計』の日本語バージョンを聴いて内容を知り、どうしても納得がいかないというのです。何が違うのでしょうか? おじいさんの時計がデジタル時計だったとか?

「日本語だと100年間動いてた事になってるけど、本当は90年間なんだよね」。なんとなんと! 誰もが100年間休まずにチクタクチクタク動いていたと思っていたおじいさんの古時計、実は90年間らしいのです。

気になったので英語の原詞を調べてみたところ、「So it stood ninety years on the floor」と書かれていました。確かにアメリカでは100年間ではなく90年間だったようです。1876年にアメリカでヘンリー・クレイ・ワークさんが作詞作曲した歌なので、原詞の90年間というのが正しいことになりますが、どうして日本の歌詞だけ100年間になっているのでしょう?

この件に関して高校時代の音楽教師に電話をして聞いてみたところ「そうなの!? そりゃ知らんなー。わからんなー。でも90年って言いにくいから100年になったとかはありえるよねぇー」とのこと。確かに「きゅうじゅうねん」より「ひゃくねん」のほうがリズム的に良い気がします。

この件に関しては、取材を重ねて正確な続報が入り次第またお伝えします。とりあえず、『大きな古時計』の原詞は100年じゃなく90年なのは本当のようです。

画像: How an Old Floor Clock Became a Grandfather.

■注目の記事
【大成の道・志高く】漫画界で成功を収めた漫画家が家族愛を語るインタビュー(前編)
女性相談者「彼氏が納豆とご飯を混ぜて食べろと強要してくる」
妹がムーンウォークの練習をしている様子を撮影した動画が「癒やされる」と絶賛

カテゴリー : エンタメ タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。