体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週刊ガジェット通信ゲームズ第4回 「ガジェット通信ゲームズ 上半期ゲームグランプリ2010 発表」

ガジェット通信ゲームズ 上半期ゲームグランプリ2010

毎週金曜日に掲載している『週刊ガジェット通信ゲームズ』だが、今回で連載4回目となった。2010年も上半期も終わって1ヶ月経とうとしているので、2010年上半期ゲームグランプリを決めたいと思う。その名も『ガジェット通信ゲームズ 上半期ゲームグランプリ2010』だ。上半期に発売された作品の中で最も良かった物、人にお勧めしたいものを挙げていきたいと思う。

――グランプリ …… 『バットマン アーカム・アサイラム』(スクウェア・エニックス) PS3 / Xbox 360 / Windows

グランプリ 『バットマン アーカム・アサイラム』

グランプリはグラフィック、演出、ゲーム性ともにバランスが取れていた『バットマン アーカム・アサイラム』に決定。ストーリーモードはもちろん、リドラーチャレンジを集めるクリアー後のお楽しみやチャレンジモードなど本編以外にも楽しみが充実していることからグランプリになった。海外では2009年8月に先行して発売されており「もっとも高い評価を得たヒーローゲーム」としてギネス認定された凄いゲーム。また発売4週間で250万本売ったモンスタータイトルでもある。日本ではスクウェア・エニックスから1月14日にPS3とXbox360で発売。しかし海外市場ほど売り上げが見込めず両機種あわせても2万本弱の売り上げとなってしまっている。
こんな凄いゲームを日本人は何故受け入れないのか? スクウェア・エニックスのピーアールが足りないだけが原因とはとても思えない。このゲームを製作したのは『Rocksteady Studios』という会社。『EIDOS(アイドス)』が21.5%株を保持し、さらにこのゲームの評判があまりにも良いためにワーナーに買収されたほどだ。『Hitman 5』はこの『Rocksteady Studios』が製作することが決定しているという情報までもある。

このゲームはバットマンらしさが光るスレルスアクションになっている。敵に見つからないように後ろからノックダウン、ステージに至る所にあるガーゴイルの上に乗りそこから敵をつるし上げなど敵にバレないように多くの敵を一匹ずつ倒していくのがコツです。もちろん囲まれた時は得意の格闘技でバッタバタと敵を倒していくことになる。そのときもモーションも秀逸で見てるだけで惚れ惚れしてしまう。タイミングよくボタンを押すをコンボが決まり、更にはカウンターまでも決めることができる。

こんな素晴らしいゲームでも欠点はある。そんな欠点いくつか挙げていこう。
(1)アクション初心者には難しい箇所もあり何回もゲームオーバーになりジョーカーやクインにバカにされることになるだろう「バイバイ バッツ!」ってね。これが悔しくて再度チャレンジしたくなるのだ。
(2)「捜査モード」の完璧さ。捜査モードにしていると壁の仕掛けや壊せる壁が丸見えになる。逆に言えば移動中は常に捜査モードにしていなければ行けないくらい完璧なのだ。これは原作でも出てくるバットマンのスーツに備わっているレントゲンの様に透視出来る特殊能力。
(3)最初のガーゴイルの存在が分かりづらい。序盤、仲間が人質にとらわれているシーンで何をいていいのかわからず5分ほどウロウロしていた。結果としてガーゴイルを見上げR1ボタンで上に乗れば言い訳だが、これに気づくのにえらく時間が掛かった。普段は解説が親切なゲームなだけにおしい。

このゲーム次回作の製作も決定されている。タイトルが安直に『バットマン アーカム・アサイラム 2』となるかどうかは分からないが、更にグラフィックの強化、仕掛けを練られたステージが待っていることだろう。
今回グランプリに選出させて頂いた最大の要点は海外での300万本大ヒット、『Rocksteady Studios』の技術力、ギネス記録認定、ワーナーによる買収など日本では聞かれない話題性と世界的目線で選ばせてもらった。数年後に日本でも評価されるゲームとなってほしい。

1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会