体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気アニメ『紙兎ロペ』を福岡で制作する青池良輔ディレクターに聞く 福岡のクイリエイティブシーンがアツいってホント?

人気アニメ『紙兎ロペ』を福岡で制作する青池良輔監督に聞く 福岡のクイリエイティブシーンがアツいってホント?

フジテレビ系の『めざましテレビ』(5:25~8:00)で毎日放送されているショートアニメーション『紙兎ロペ』。数多くのグッズが販売され、企業とのタイアップでも目にする機会の多い人気作品ですが、このアニメは福岡市で制作されていることはご存じでしたか? 『紙兎ロペ』を制作するKITERETSUでディレクターを務める青池良輔氏は山口県出身。カナダのモントリオールで制作したFlashアニメ『CATMAN』で脚光を浴び、カナダで数多くの作品を手掛けた後、現在は福岡市に拠点を構えて『紙兎ロペ』を制作し続けています。青池氏はなぜ福岡を拠点に選んだのか、福岡はクリエーターにとってどんな魅力がある土地なのか。福岡に行って青池氏にインタビューしてきました。

福岡の8名のスタジオで制作

――まず、青池さんの現在のお仕事について教えてください。

青池:『めざましテレビ』内で平日、毎朝放送中のアニメ『紙兎ロペ』のディレクターをやっています。『紙兎ロペ』のプロジェクトチームは、作家が13名、アニメーターや背景制作などアニメーションの制作者が15名、そのほかデジタルコンテンツやグッズ、イベントの制作・運営、宣伝、それをまとめるプロデューサーやディレクターを含めて約45名が携わっています。福岡オフィスでは、脚本おこしからデザイン、アニメーションづけを8名のスタッフが担当しています。

――年間何本ぐらい制作するんですか?

青池:放送しているのが週に5本、年末年始は『めざましテレビ』がお休みなので放送はないですが、祝日は放送があるので年に250本、プラスタイアップの物も入れると年間280本ぐらいですね。

制作風景

――最初からこの規模でやっていたわけではないですよね?

青池:最初は映画館の幕間で上映したのですが、制作本数は月に1本とかだったので、1本あたり10名程度のスタッフで制作していました。そのあと、長編映画(2012年公開の『映画紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?』)を作るときにスタッフを増やして体制を固めていったという感じですね。

拠点をモントリオールから福岡へ

――青池さんはカナダのモントリオールで映像クリエーターとしてのキャリアをスタートして、日本に帰国する際、福岡を拠点にしたんですよね。どういう経緯で福岡に?

青池:もともと大阪芸術大学の映像学科を出て、カナダの映画会社の制作部で働いていたんです。その後独立してショートアニメーションを制作する会社を作りました。カナダの仕事もしていたんですけど、ネット経由で仕事を受けていたらだんだん日本の仕事ばかりになって。それでKITERETSUのプロデューサーから「日本ならどこでもいいから引っ越して来ませんか、一緒に仕事しましょう」というお話をいただいて。

じゃあ、と家族と相談して日本へ行きましょう、となったときに日本地図を広げて(笑)。第一条件に、東京は嫌だったんですよ。めっちゃ仕事づけになることは見えていたし、子供もいたので東京の環境はどうなのかなと不安もあって。それで日本の楽園を探してたんですよ。熱海とか沖縄とか調べて(笑)。

それで福岡はどうやろ、という話もあったときに福岡でセミナーの講師をやることがあって。福岡でセミナー終わってから、屋台で大工のおっちゃんらと飲んでたんですよ。当時、僕は「カナダに住んでるんですよ」と言うとほぼ100%、「うらやましい」とか「素敵ですね」と言われてたんですけど、その大工のおっちゃんには「なんちゃ知らんけど、兄ちゃん苦労しとっちゃね」と言われて。スゲえ感動して(笑)。「あれ、ちょっと福岡の人、優しいんじゃね?」と思って。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。