ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂GJ! 任天堂の著作物を含む動画が『ニコニコ動画』でのクリエイター奨励プログラムに対応開始!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ニコファーレにて行なわれた『ニコニコ超会議2015』発表会にて、任天堂株式会社の著作物を含む動画の一部がクリエイター奨励プログラムに対応することが発表された。

クリエイター奨励プログラムとは、『niconico』内で活動するクリエイターの創作活動の支援や二次創作文化を推進する取り組みとして実施されている企画。このプログラムに登録した投稿作品の人気度などに応じて奨励金を受け取ることが出来るシステムで、2011年12月の開始から総額約11億円を超える額がクリエイターに支払われているという。

発表会では任天堂株式会社の岩田聡社長から寄せられたビデオメッセージが上映された。ビデオでは懐かしのゲームから最新のゲームまで次々に紹介され、その度に大きな歓声が湧き上がった。そしてクリエイター奨励プログラムの導入が情報が発表された際にはさらに大きく盛りがった。

内容は、任天堂株式会社の著作物を含む動画が予定では12月1日より対応されるというもの。対象となる作品は、Wii U『ピクミン3』、同『マリオカート 8』といった最新のものからファミリーコンピュータの『スーパーマリオブラザーズ』、『ゼルダの伝説』といった懐かしのゲームまで250タイトルが奨励金対象となる。なお、同プログラムの対象とならない一部のタイトルは奨励金の対象とはならないが、不適切なものを除き任天堂株式会社から個別に許諾されるとのこと。

ムービーではゲーム実況だけではなく、有名なバイオリン奏者による演奏や鍵盤で演奏する動画も紹介されており、クリエイター奨励プログラムの範囲はプレイ動画そのものにはとらわれないようだ。ただし、クリエイター奨励プログラムの性質上『ニコニコ動画』にアップロードされた作品のみが対象となり、『ニコニコ生放送』への対応はいまのところないようだ。

この発表は、これまではグレーとされていたゲーム実況やゲームミュージックの演奏といった人気コンテンツのクリエイターたちに大きな影響を与えそうだ。

クリエイター奨励プログラム
http://commons.nicovideo.jp/cpp/about/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP