ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マガジンハウス担当者の今推し本『Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す!』~調子よくない系のすべてのみなさんにおすすめしたい一冊

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。
今この記事を読んでくださっているということは、パソコンやスマホに向かっている最中ですね。目が疲れたり体が凝ったりしてませんか? いやいや、そんなライトな不調じゃなくて、高血圧とか不眠とか、けっこう深刻なんですけど……という方もいらっしゃることでしょう。今回はそんな調子よくない系のすべてのみなさんにおすすめしたい一冊です。

「リンパのケアに関して、間違った認識の人が多いんです」
といきなりダメ出しで登場のこちらは、この本を監修した加藤雅俊先生。日本ホリスティックセラピー協会会長で、さまざまな健康法や美容法の指導でメディアでも活躍中です。さっそく本書について聞いてみましょう!

――――まず、“リンパストレッチ”というのが私には初耳でした。さすったりゴリゴリ揉んだり、はよく聞きますが。

加藤「そうなんです。むくみ防止で脚をさすりましょう、リンパが溜まっているところを力強く揉みましょうと言われていますが、実はリンパをより効果的に流すには、筋肉をストレッチで伸ばすことが重要なんです」

――――そうなんですか! 脇の下とか、痛いぐらいゴリゴリやっちゃってました……。あと、美容のためにリンパを流すという本や特集は今までたくさんありましたが、体の不調にまで効く、というのはちょっと衝撃でした。

加藤「確かに、美容効果は高いです。でもそれだけじゃなく、リンパは、血液では運べない老廃物や有害物質を回収してくれるので、正しいストレッチによって流すことで、体のみならずメンタルの不調を改善してくれるんですよ」

――――メンタルまで! でも……ストレッチって痛かったり面倒な動きだったりするんでしょう?

加藤「そんなことないですよ。たとえばイライラ解消のリンパストレッチは……」

――――ストップ! 具体的な方法を教えちゃダメですよ! 詳しくは本を読んでね!

加藤「じゃあ、ほんの一部だけ、私が実演でレクチャーしますので……。パソコンなどで酷使した目の疲れを改善するストレッチをお教えします」

――――確かに、スマホをずっと見てたりして、最近みんな目が疲れてますよね。

加藤「かすみ目や充血などの原因は首のリンパの滞り。ストレッチで首の筋肉、胸鎖乳突筋をほぐしてリンパを流しましょう」

首の筋肉を伸ばすように横に倒して、さらにひじを引っ張り10秒キープします。反対側も同様に。左右3セットすると効果的。

――――おー、ストレッチしている最中から既に目が冴えてきたような気がします! この本では、ページごとに、<不調の部位・種類>と<どの部分のリンパを流せばいいか>がわかりやすく記されているのがいいですね。

加藤「はい。今も、目の疲れといっても、目の周りではなく首のリンパを流しましたよね。このように、不調な部位と、それに効くリンパの場所は必ずしも一致しないので、自己判断ではなく正しい方法でストレッチをすることが何より大切なんです。リンパ、大事にしてくださいね」


優しく丁寧な指導に定評のある加藤先生。

今回の推し本

■『Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す!』(マガジンハウス編 加藤雅俊 監修)
ジャンル : 健康
ISBN : 9784838789641
定価 : 810円 (税込)
発売 : 2014.10.31
http://magazineworld.jp/books/paper/8964/

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP