ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陽水・岡村ちゃん・あゆが宇多田ヒカルを歌う! カバーアルバム参加アーティスト解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月9日に発売となる、宇多田ヒカルデビュー15周年記念企画ソングカバー・アルバム「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」の参加アーティストが発表! 井上陽水、岡村靖幸、吉井和哉ら豪華アーティストから、AI、椎名林檎、浜崎あゆみといった歌姫たちまで個性豊かなメンバーが勢揃いしました。

本アルバムのコンセプトは、自らがソングライターとして第一線で活躍されているアーティストに限定して、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおうというもの。その個性あふれる13組の参加アーティストは以下のとおり。

<参加アーティスト 50音順/敬称略>
AI
井上陽水
大橋トリオ
岡村靖幸
加藤ミリヤ
KIRINJI
椎名林檎
Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson
tofubeats with BONNIE PINK
ハナレグミ
浜崎あゆみ
吉井和哉
LOVE PSYCHEDELICO

収録曲は後日発表予定。いや〜、誰がどの曲を歌うのか気になります!

これらの参加アーティストについて、このアルバムの企画者でもあるユニバーサルミュージック VirginRecordsの制作A&R沖田英宣さんは下記のようにコメントしています。

その人にしか作ることのできない音楽を創造し続けている方々に参加していただきました。その音楽家が放つオリジナルなスタイルがなければ、まるで二重露光の写真のように宇多田ヒカルのうたと重なりあうことはないと思っていたからです。光栄にも13組の素晴らしい音楽家に参加していただくことが叶いました。

このアルバムは音楽家たちの自由な創造力が満ち溢れながら、その創造力を触発する宇多田ヒカルのうたに秘められた「何か」が重なりあった瞬間の記録です。

音楽とは新たな視点に気付かせ、それを誰かに伝えたくなるという力を持っています。これは宇多田ヒカルの“トリビュートアルバム”ではなく、「宇多田ヒカルのうた」をシェアするアルバムです。

参加していただいたすべての音楽家の作品から、音楽を創造することは限りある人生を捧げるに値するということを、そして宇多田ヒカルという作家から、音楽を聴くことは限りある人生を美しく彩るもっとも簡単な方法のひとつであるということを、あらためて感じていただけたならこれ以上の喜びはありません

「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」
2014年12月9日(火) 発売予定
価格:3,000円(税抜)

「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1&2」ハイレゾ配信決定!

今年3月10日 デビュー15周年企画の一環としてハイレゾ音源の配信をスタートしたアルバム「First Love」。その好評を受け、12月9日のデビュー記念日に「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」および「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」のハイレゾ配信がスタート。

ソングカバーアルバム「宇多田ヒカルのうた」とともに、ハイレゾ音質のオリジナル楽曲もじっくり楽しむ事が出来るとならば、ファンは見逃せません。

その他、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」チームや、野村哲也さん(スクウェア・エニックス デザイナー)が参加したプロモーション企画作品の展示も特設サイトでスタート。こちらも要チェック!

「宇多田ヒカルのうた」特設サイト
http://po.st/utada15th

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP