ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛中の蒼井優さんには、ネガティブ思考の「リトル蒼井」が現れる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日、自身初となる対談集の発売を記念して開催されたトークショー&握手会で、過去に「女優業の引退を考えていた」と語った蒼井優さん。

 そのきっかけは、ある作品での撮影時。台本には、相手の台詞をまったく聞かずに涙を流すといった内容がありました。実際の撮影ではうまく涙を流せたようですが、蒼井さんは、器用に何でもできることが逆に騙しているような気分になり、「そういうことはしたくない」と思うに至ったとのこと。その後、少しの休暇を挟み、再び演技の世界に戻ることを決心した蒼井さん。その後の活躍はご存知の通りです。

 今回発売となった対談集『蒼井優 8740 DIARY 2011-2014」』は、雑誌『MORE』での蒼井さんの対談連載「8740-HA・NA・SHI・WO-」をまとめたもの。岩井俊二監督をはじめ、野田秀樹さん、小泉今日子さん、佐藤健さん、香川照之さん、山田優さんら33名の著名人との対談が収められています。

 なかでも、大竹しのぶとさんの対談では、「恋愛」が話題となりました。あまり聞けない蒼井さんの恋愛観ですが、彼女は恋愛をすると「リトル蒼井」が登場するとのこと。サッカー日本代表の本田圭佑選手にも宿るという「リトル本田」と同じものが蒼井さんにはあるというのです。

 自身を「素直じゃない」と分析する蒼井さんは、好きな人ができると、照れて逆にズボンをはいてしまうそう。また、デートが凄く楽しくても、顔にも出さないのだそうです。

「重いし怖がられるだろうなって。もしくは『女優やっているからって調子にのってるな』とか思われそうで。恋すると、急にネガティブな『リトル蒼井』が出てくるんですよ(笑)」(同書より)

 同書の制作にあたって蒼井さんは、あとがきで「今の自分との変化に気づかされた」と語っています。あとがきの日付は今年の10月。ちなみに、この対談が行われたのは、今年の1月27日のことです。ひょっとすると、恋愛面でネガティブな思考を持つ「リトル蒼井」も現れなくなっているのかもしれません。

■関連記事

アイドルから見えてくる日本の女性像、社会像とは?
プロレス会場に女性ファン増加、その要因は?
AKB48ってもしかしてプロレスだった? "プロレス脳"が人をタフにする理由

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP