ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルミフレームを採用したXperia Z3でも本体が曲がる現象が報告される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile の最新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z3」の一部で iPhone 6 Plus のように曲がってしまうという現象が報告されています。今回のケースは米国で発売された Xperia Z3 (D6616)で発生したことで、XDA Developers に現象を報告した方は、“気付いたら曲がっていた”とどういう状況で曲がったのかは確認しておらず、また、“この前アームバンドに入れて使ったけど、その時に曲がったのではないか”と述べており、原因も特定されていません。現象の報告者が投稿した写真を見ると、確かにディスプレイ側に若干曲がっており、端の方も地面から若干浮いていることを確認できます。この状態でも操作は普通に出来るとのことですが、報告者は iPhone 6 Plus のように曲がってしまったことを悲しんでいます。本体が曲がる現象は Xperia Z1、Xperia Z2、Xperia SP などのアルミフレームを採用した機種の一部でも報告されていました。ただ今回のケースは自然に曲がってパネルも割れてしまうことではなく、単に曲がってしまう現象のみ。もしアームバンドやポケットに入れて利用すると曲がってしまうのであれば、それを防ぐにはアルミバンパーを装着する必要が出てきそうです。今回のケースについて、Sony Mobile からの公式発表は出ていません。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayニューススタンドのAndroid版でアプリUIのさらなるMaterial Design化が行われる
米国のGoogle PlayストアでNexus 9が発売、“1~2営業日で出荷”と表示
Facebookのアプリ内ブラウザ機能が日本のユーザーにも展開された始めた模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP