ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014度上期のスマートフォン出荷台数は1,050万台とマイナス成長、Androidはシェア過半数割れ(MM総研調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MM 総研は 10 月 30 日、2014 年度 4 ~ 9 月の国内における携帯電話の出荷台数に関する調査結果を発表しました。同社の調査によると、この期間の携帯電話全体の出荷台数は前年同期比 4.1% 減の 1,578 万台で、同社の調査史上、過去最低記録を下回る結果となりました。また、スマートフォンの出荷台数は前年同期比 13,7% 減の 1,050 万台。スマートフォン率も前年同期比 7.4 ポイント減の 66.5% に下がっています。メーカー別シェアでは、Apple がシェア 38.1% となる 601 万台を出荷してトップをキープ。2 位はシャープ、3 位は京セラ、4 位は富士通、5 位はSony Mobileという結果でした。また、スマートフォンに絞った場合のメーカー別シェアは、Apple が 57.2% でトップをキープ。続いて、2 位はシャープ、3 位は Sony Mobile、4 位以下はその他入りです。意外にもシャープが Sony Mobile を抜いていますね。IGZO スマートフォンや EDGEST スマートフォンが好調なのでしょうか。Apple が 57,2% だとすると Android は過半数を割ったことになります。Source : MM総研


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google音声検索でサードパーティ製アプリ内の検索を実行する方法を紹介
HTC、もも色のHTC Butterfly 2 “Cherry Red”を発表
Nexus 6は米国で11月21日前後に発売、開封映像も公開される

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP