ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】身近な世界がより楽しくなるアプリ「AirTalk」を探る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「半径100mが、もっと楽しく!」をキャッチフレーズに生まれた、これまでにない近距離コミュニケーションアプリ「AirTalk」。

「Bluetooth Low Energy」(BLE)技術を採用した独自開発の「AirBeaconテクノロジー™」を実現。インターネット接続なしで、最大100m以内のメッセージ送受信を可能にした。

本アプリの魅力は、SNSのような距離のあるコミュニティではなく、自分の近くにいる人とリアルなつながりを持てるようになる点。

よく行くお気に入りの店やイベントには、未来の友人候補がいるかもしれない。端末と端末が直接つながる「AirTalk」なら、その場にいる人と即座に感想や情報が共有できる。新たな交友関係を生む、絶好のチャンスを作ってくれるのだ。

開発元は、写真SNSサービス運営、ネット広告代理店事業など、IT関連の事業を多角的に手がけるOFF Line(オフ・ライン)。代表取締役の石塚 孝一(いしづか こういち)氏は、米国の大学を卒業後、数多くの企業で手腕を振るった経歴の持ち主。本アプリにも、同氏はじめスタッフの濃密な経験と知識が存分に生かされている。

スピードは既存のBLEアプリの約10倍!最大の強味は独自の技術

Q1、「AirTalk」開発のきっかけと経緯について、教えてください。

弊社は、昨年10月に設立された新米企業です。戦略責任者の盛川、開発責任者の松山とも、優秀な人材が集まって作った、わかりやすい「ITベンチャー」だと自負しております。

これまでに写真共有サイト「フォト蔵」を手がけており、「AirTalk」は弊社にとって、第2弾の事業となります。

「AirTalk」開発の契機となったのは、「Bluetooth Low Energy」という最新の省電力通信を行う規格が出てきたとき。ボタン電池1個で半年も電波を発信できるような仕組みと知り、将来色々な仕組みとして使えると感じたことが、最初のきっかけでした。

Q2、アプリの仕組みと特徴について、詳しくお聞かせください。

これまでどの会社も出来なかった、iBeaconの双方向通信や高速アクセス技術、5分に1回BluetoothのIDが変わるセキュリティー技術を搭載したことが、弊社の強みです。

まず、BluetoothとWi-Fiのコンビネーションで、インターネットを使用せずに、メッセージ交換ができます。また、インターネット回線を使用することでTwitterと連動し、メッセージをローカルとクラウドに配信できます。既存のBLEアプリの約10倍のスピードでメッセージの送受信を安定的にできるのが特徴です。

現時点で5ヶ国語対応。世界市場を視野にリリース予定

Q3、本アプリは日常のどういった場面で能力を発揮するのでしょうか?

今のバージョンですと、「災害」や自分の身に危険が迫った際に、回りにメッセージを配信できる点でしょうか。既存の10倍のスピードで他端末と接続できるので、身近にいる人に連絡をとることが可能です。

また、端末保有者と何度すれ違ったわかる機能もあるので、新たな友だち作りにも役立ちます。自分の周囲にメッセージを発信すると同時にTwitterにも配信できるので、「場」を起点とした会話や情報交換によって、物理的に身近な世界をより楽しくすることができます。

Q4、世界市場を視野に多言語版もいくつか完成されているそうですが、その辺も含め、今後の展望についてお聞かせください。

現在はUSと日本のApple Storeでリリースしていますが、アプリ内部では5ヶ国語(日本語、英語、中国語、フランス語、ポルトガル語)に対応しています。今後は各国のApple Storeでリリースし、ダウンロード可能としていく考えです。

将来は日本とアメリカ、そしてブラジルに焦点をあて、プロモーションを行っていくつもりです。GPS機能や個別チャット機能などを搭載し、さらに有意義なアプリケーションにしてまいりますので、どうかご期待ください。

Air Talk

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP