ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジミー大西と稲葉浩志とブラッド・ピットは3人とも●●

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジミー大西さんをはじめ、真矢みきさん、磯野貴理子さん、出川哲朗さん、阿部寛さん」、野々村真さん、堤真一さん、YOUさん、稲葉浩志さん、橋本聖子さん、リリー・フランキーさん、寺島進さん、そしてブラッド・ピットさん。

 彼らに共通するのは、皆、「今年50歳になる」ということです。「もう50歳」「まだ50歳」など、反応は様々だと思いますが、日本人の平均寿命、男性は79.94歳、女性は85.90歳から考えると、人生の半分以上を過ごしてきた年齢と言えます。

 とはいえ、宿泊予約サイト・ゆこゆこネットが50代以上のメールマガジン会員1695人を対象に調査したところ、70代以上の4割が「自分はまだ老人ではない」と認識しているとのこと。そういう意味では、50歳はまだまだ”若造”なのかもしれません。

 そんな50歳について、漫画『課長島耕作』の著者である弘兼憲史さんは、自著『50歳からの「死に方」』で独自の50歳について考え方を語っています。

「人生80年を100%として考えてみると、50歳は人生の62.5%を終えた時期ということになります。残りの37.5%を、少ないと感じるでしょうか。まだまだこれからと思うでしょうか。
 たとえば、1年365日の62.5%時点は、8月のちょうど半ばです。お盆休みのとき、『ああ、今年もそろそろ終わりだな』とは考えませんよね、むしろ、休暇で英気を養って『正月に向けて頑張るぞ!』と気合を入れ直す人のほうが多いのではないでしょうか。50歳とは、人生の中のそんなタイミングなのです」(同書より)

 こうやって1年のスパンで人生を見ると50歳の”位置”が見えてきます。残り37.5%の時間を使って、人生にもう一花咲かせることができるか、それとも無為に過ごすかはその人次第といったところです。

 なお、60歳になると残りの人生は25%、ほとんどの人が定年を迎える65歳では20%を割り込み、70歳だと残りは12.5%までに減少してしまいます。もちろん80歳まで生きられれば……の話ですが。

 今の自分の年齢から逆算して、あなたに残された時間を見たとき、長いと感じますか、 それとも短いと感じますか?

■関連記事

『危険 落ちたら死ぬ!!』の看板」「川の中に突っ込む」ありえない全国の国道
イクメン、リケジョ、女子会……辞書に載っていない「新語」 英語でナニ?
ふなっしーやAKBも? タイムスリップした浮世絵師が見た平成の流行

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP