体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動物だけの文明社会に恐竜の冒険……ディズニー&ピクサー今後の展開が明らかに! ジョン・ラセターのプレゼンテーションに行ってきた

ジョン_G4A8507

『アナと雪の女王』の歴史的ヒット、『マレフィセント』旋風、2014年はディズニーの年! と言っても過言ではありません。筆者は先日一足お先に12/20公開の『ベイマックス』を観てきましたが、これがまたとんでもなく素晴らしい作品で、一年間にこれだけの良作を発表しちゃう「ディズニー、恐ろしい子!」と震えています。(ウォルト・ディズニー・スタジオもカウントすれば、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も超傑作だしね!)

そんな中、24(金)東京・六本木EXシアターにて、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ及びピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーのジョン・ラセターが「アニメーション・プレゼンテーション」を開催。両スタジオが発表予定の作品について、映像やデザイン案を交えながら発表を行いました。筆者もお呼ばれしてきましたので、レポートをお届けします。

※すべての画像は(http://getnews.jp/archives/688295)をご覧ください。

ジョン・ラセターの「ディズニー愛」に涙

登壇したジョン・ラセターはまず、自身とディズニーの関わりについてお話しました。「私は子供の頃、多くのインスピレーションをディズニー・アニメーションからもらいました。ディズニーランドから30分の場所で暮らしていた事もあり、一年に一、二度訪れるのが一番の楽しみで、ウォルトが作る世界はハートにあふれていた」とコメント。

「ピクサー・アニメーション・スタジオがウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオと一緒になった時、周囲の人は私とエド(エド・キャットムル)に金銭的な問題から“ピクサーだけを残して、ディズニー・アニメーション・スタジオは閉鎖しろ”と言いました」とジョン・ラセター。「ハリウッドの観客の多くはシニカルになっていてディズニーのおとぎ話は受け入れられない、そう言われましたが、私の考えは違いました。ハリウッドの皆さんがどれだけシニカルになっても、世界中にはディズニーの物語を求めている人がいる。そう思ったのです」と続けます。

その後、『プリンセスと魔法のキス』『塔の上のラプンツェル』というディズニー・クラシックをベースにした作品を発表し、ジョン・ラセターの願いが見事に形になったのが『アナと雪の女王』だそう。彼は『アナと雪の女王』の世界的なヒットについて「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの完全復活だ」と喜びをあらわにしました。

そして「『アナと雪の女王』の日本での驚異的なヒットは、私たちも報告を聞く度に驚いていました」と話し、ここで一つの映像を流します。それはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに勤務する皆さんからの「ありがとう」のメッセージ。サンキュー、グラッツェ、ダンケ シェーン、カムサハムニダ、コップンカー、謝謝……。スタジオで働く世界中の人からの「ありがとう」に筆者はえらく感動し、危うく泣きそうになりました。いや、正直言って泣いたよね! ジョン・ラセターもこの映像を観る度に涙が出てしまうそう。

ジョン_G4A8512

この日のジョン・ラセターの衣装は『ベイマックス』柄のシャツ!

「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」今後のラインナップ

それではここから、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」今後のラインナップをご紹介していきます。

『ズートピア(原題)』
2016年GW全国公開/全米公開2016年3月4日
監督:バイロン・ハワード製作総指揮:ジョン・ラセター

『塔の上のラプンツェル』の監督が描く、動物たちの不思議な世界“ズートピア”。
映画の舞台は、人間がひとりも存在しない動物だけの世界で、彼らが人間と同じように生活をしている“ズートピア”。身に覚えのない罪で逃亡することになったお調子者のキツネと、彼を追いかける自己中心的な警察官のウサギ。自然界では天敵同士とされている彼らが、あることをきっかけに“ありえない”タッグを組むことに……。誰も見たことがないリアルでユニークな“動物の世界”での、オリジナリティあふれるアドベンチャーを描き出す。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。