ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : Bluetooth機器やNFCタグでロック画面認証を自動的に無効にできる「Smart Lock」機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 (Lollipop)には事前に登録した Bluetooth 機器や NFC タグとの接続状態で端末のロック画面認証を自動的に有効 / 無効にする新機能「Smart Lock」が追加されました。この機能は設定メニューの「セキュリティ」に「Smart Lock」として実装されています。セクション名がまだ日本語化されていないので、未完成の機能なのかもしれませんが、機能自体は利用できます。Smart Lockの動作内容は、ロック画面認証(パターン、PIN、パスワード)を設定している場合でも、スマートウォッチや NFC タグと接続中(つまり、ユーザーが端末を持っているか近くにいる)の場合はロック画面認証を無効に、端末を置いてどこかに行った場合に Bluetooth の接続が切れると自動的にロック画面認証を有効にします。利便性を損なうことなく、端末の不正使用を防止するような機能です。Smart Lock を有効にする場合はロック画面を「スワイプ」以外に設定する必要があります。それを行った後でメニューにアクセスします。「信頼できる端末」は Bluetooth 機器か NFC タグです。「トラステッドフェイス」はフェイスアンロックのことです。どちらかを選択します。ここでは「信頼できる端末」を選択しました。下部の赤い「+」をタップして機器を追加します。ここでは Bluetooth 機器を選択しました。「NFC」を選択すると NFC タグなどでも認証不要でロック画面を解除できるようになります。既にペアリングした「Moto 360」を選択します。その後、画面左上の「←」ボタンをタップして前の画面に戻ります。Smart Lock 機能のセットアップはこれで完了です。テストする場合はスマートフォンの Bluetooth を OFF にしてみてください。自動的にロック画面認証が有効になります。信頼するデバイスで「NFC」を選択した場合。登録した NFC タグなどに端末をかざすだけでロック画面でパターンや PIN などの入力を行うことなく、ロック画面を解除できるようになります(NFC タッチ音が鳴らないのでわかりづらいのですが・・・)。かざさなかった場合は認証をパスしなければなりません。NFC タグは Bluetooth 機器と同時に設定できます。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0(Lollipop)のMaterial Designを採用した計10色のXperia用テーマパックが公開
Xiaomi Mi4 WCDMA版がMOUMANTAIショップで発売
KDDI、「URBANO L03」と「TORQUE G01」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP