体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幾原邦彦監督「百合ジャンルで本当の事はまだ誰もやっていない」 ”マチ★アソビ”で語られた『ユリ熊嵐』のヒミツ [オタ女]

yurikuma_machiasobi_01

四国・徳島市で開催された”マチ★アソビ vol.13”。2014年10月11日から開催されたクライマックス・ランは台風19号の影響で13日の予定が中止になりましたが、12日までに多くのステージ・イベントが敢行され、全国から集まったアニメファンを楽しませました。
そんな中、11日には2015年1月よりMBSなどで放送予定となっているアニメ『ユリ熊嵐』のトークイベントが眉山山頂ステージで開かれ、幾原邦彦監督とKADOKAWAメディアファクトリーの吉沼忍プロデューサーが登場。作品の世界観やキャラクターについて少しだけ明かされています。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください
http://otajo.jp/42877 [リンク]

そもそも『ユリ熊嵐』の意味は?

yurikuma_machiasobi_02

既に発表されているPVが上映された後に登場した幾原監督と吉沼プロデューサー。2013年秋に続いて2回目となる”マチ★アソビ”の出演となる幾原監督は、終始リラックスムード。

yurikuma_machiasobi_03

そもそもタイトルとなっている”ユリ”と”熊”とは、と問われると、「ユリというのは、皆が知っているいわゆる”百合”ですよ」といい、「百合と熊が出会って嵐が起こるという、あり得ない組み合わせ。百合は百合、熊は熊で混ざるはずがないと思っているけれど、みんな見たことがないものになると思う」とこれまでの常識に囚われないことを宣言しています。

yurikuma_machiasobi_04

「僕はこのジャンルでは間違いなく新人。既にいろいろな方が作品を出していて、足元にも及ばない」と謙遜する発言も出る中、そこは『少女革命ウテナ』や『輪るピングドラム』で美麗で謎めいた世界観を提示してきた幾原監督。「実は(百合では)まだやっていないことがかなりあるのではないか、本当のことは誰もやっていないのではないかと気づいた。『ガンダム』は放映当時は単なるロボットアニメだったが、今見れば”リアルロボット”というジャンルを作ったのだと分かる。この作品は百合の中でそうなる」と語っています。

現在、『コミックバーズ』(幻冬舎)では森島明子さんのコミカライズが連載中。幾原監督と森島さんは『Twitter』で意気投合したといいますが、アニメ版ではまた別の世界が描かれることになる模様。吉沼プロデューサーによると、PVも「もしかして封印するかも」ということで、幾重にも張られている伏線がどのように生かされるのかは、実際にアニメ本編が放映されてみないと分からないというのが正直なところ……。ただ、明かされている情報からも幾原監督らしいエッセンスを随所に垣間見ることができるので、とりあえず徐々に発表されるキャストから想像をたくましくするしかなさそうです。

「シルエットでキャラクターが分かることを意識している」

yurikuma_machiasobi_05
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。